プロジェクト概要

小学生・中学生が応急手当を学ぶための専用のテキストを作りたい!

 

初めまして!NPO法人日本救急蘇生普及協会の山田忠樹と申します。私たちは心肺蘇生法、AED、救急法、水難救助等を普及する活動を全国各地でおこなっています。私たちの活動の特徴は救命救急の最前線で働く現役の医師と共に協会公認インストラクターが講習会を展開している点です。また、今までは受講される方を成人に限っていましたが、教育委員会などと協力して高校生、中学生、小学生までその裾野を広げています。

 

この度、更に多くの子供たちが応急手当を学ぶための適切なテキストを作ろうとし動き始めました。しかしテキストを作るための費用が不足しているのが現状です。

 

テキストを作成し、より充実した学習が提供できるようにしていくお手伝いをしていただけないでしょうか?

 

(大学生を対象とした応急手当講習会。写真は心肺蘇生法の実技練習)

 

 

あなたの大切な人が急に倒れたら...いざという時、何ができますか?

 

平成25年版の消防白書によると、平成24年中の心肺機能停止状態の方の1ヵ月後生存率は11.5%、社会復帰率は7.2%となっています。心肺機能停止状態の方のうち、一般市民による応急手当が行われた件数は51.5%であり、その方の1ヵ月後生存率は14.2%で、応急手当が行われなかった場合と比べて1.7倍高く、また、社会復帰率についても、応急手当が行われなかった場合と比べて2.2倍高くなっています。応急手当が生存率を上げることは明らかです!

 

当協会ではジュニア救急法と称して、子供たちが行う応急手当の講習会を日本で初めておこないました。それから10年以上経ちますが、子供たちのためのテキストはありません。

 

(愛知県医師会館で行われた子供心肺蘇生講習。受講生は小学生です。)

 

          (命に関わる心肺蘇生講習なので子供たちも真剣です)
 
 

子供たちが応急手当を学ぶためのテキスト500冊をつくります!

 
例えば119番通報。救急車を呼ぶ。小学校1年生にも出来ることだと思います。今回、子供たち応急手当をしっかり学んでもらうために、2015年5月までにテキスト500冊を作成し小学校、中学校を対象に教育委員会と協力して学習の機会を設けます!
 
対象は小学生から中学生で、それぞれ学年に合わせた段階型の内容、時間とし、小学校、中学校の保健体育のカリキュラムの事も養護教諭の先生方と相談、考慮した内容を考えました。いつどこで何が起きるかわかりません。そんな時でも知っていればできる応急措置・手当の知識を子供たちに届けるために、皆様からの暖かいご支援どうぞよろしくお願い致します。


(緊急時の対応の経験をしたことでいざという時も動けるように!)
 

大切な人に何かあったとき、自分のできることを最大限おこなう。年齢は関係ありません!
 
救急出動要請から救急隊が現場に到着するまでに要する時間は、平成24年中の平均では8.3分です。この間に、現場居合わせた人による応急手当が適切に実施されれば、大きな救命効果が得られます。平成24年中、心肺機能停止の方への応急手当の実施率は44.3%です。近年、上昇傾向にありますが、それでもまだ半数以上の場合で応急手当を実施されていないのが現状です。
 
 
現場に居合わせるのが大人とは限りません!実施率100%の未来を目指して!!
 
毎日100人以上の人が「突然死」と言われるもので亡くなっています。いつどこで何が起こるか分かりません。心肺機能停止の方への応急手当の実施率100%を目指して、子供たちも「命のリレー」に参加できるよう、どうか皆様の温かいご支援をよろしくお願い申し上げます!
 
 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 引換券について ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ご支援いただいた皆様には下記の引換券をお送りします。

 

ー【3,000円ご支援いただくと】ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

・お礼のお手紙

 プロジェクト一同から感謝の気持ちを込めたお手紙をお送り致します。

 

・オリジナルステッカー

 携帯電話などに貼付け可能な4cm×4cmのステッカーです。

 

  

 図はイメージです。出来上がり品とは若干異なる場合があります。 

 

ーー【10,000円ご支援いただくと】ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

3,000円の引換券に加え、

 

・公式サイトにお名前掲載

 NPO法人日本救急蘇生普及協会の公式サイトにご支援者様の

 お名前を掲載させていただきます。

 

・作成するテキストにお名前掲載

 今回のプロジェクトで作成するテキストにスペシャルサンクスという

 かたちでお名前を掲載させていただきます。

 

・子供がおこなう応急手当

 今回のプロジェクトで作成するテキストを送付させていただきます。

 

ーー【30,000円ご支援いただくと】ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

10,000円の引換券に加え、

 

・一般講習会へのご招待

 2014年11月1日~2015年12月31日までの期間中、

 NPO法人日本救急蘇生普及協会が主催する応急手当講習会へ

 ご招待させていただきます。

 (交通費や現地での食費などは引換券所持者様のご負担となります。)

 

・オリジナルピンバッジ

 カバンやスーツに付けられるオリジナルピンバッジです。

 

 

ーー【100,000円ご支援いただくと】ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

30,000円の引換券に加え、

 

・指導員養成講習会へのご招待

 2014年11月1日~2015年12月31日までの期間中、
 NPO法人日本救急蘇生普及協会が主催する指導員養成講習会へ

 ご招待させていただきます。
 (交通費や現地での食費などは引換券所持者様のご負担となります。)

 

・定期理事会へご招待

 2015年5月もしくは6月に名古屋で開催される定期理事会へ

 ご招待させていただきます。

 (交通費は引換券所持者様のご負担となります。)

 

 

 

 


最新の新着情報