プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

<達成のお礼とネクストゴールについて(7月5日追記)>


支援いただいた皆様、本当にありがとうございます。皆様からの温かいご支援のおかげで、これからも継続したJog&Trailの活動を行うことができます。一人一人のご支援者様の想いを受け止めて、さらに活動を加速してまいりますので、引き続き見守っていただけますと幸いです。

 

このように早く達成できるとは思ってもおらず、これも皆さまの強い思いが私たちのご支援に繋がったのだと思うと、とても嬉しく思います。

 

そして、皆様からのご支援を受け止め、さらに活動をパワーアップするため、
【ネクストゴール50万円】を目指すことにいたしました。

 

当初は不安もあり20万円と弱気な設定でしたが、この金額は第1回蔵王ゲレンデマラソンの開催に向けて、初期費用ギリギリのラインでした。この規模の大会運営となると、広報活動は広範囲となり、今のままでは不足で、会場設営に必要なものもまだまだ揃っておりません

 

また、来年になるのですが、ウルトラマラソンの準備やボランティア、広報活動にさらにお金がかかると予想できますので、皆さまからいただくご支援をこれからの運営費用に当てさせていただきます。

 

残り期間も変わらぬ応援を、どうぞよろしくお願い致します!

 

 

ふと始めたマラソンが人生の生きがいに。
マラソンの魅力を伝えるイベントを開催し、多くの人と楽しい毎日を。


はじめまして、山口勇次と申します。現在、妻とともに『Jog & Trail』という小さな団体を設立し、数十人で走ることを中心とした活動や大会のボランティアなどの活動を山形県を中心に行っています。

 

そもそも、私が走り始めたきっかけは、7年前に開催された県内の地元マラソン大会に出場するためでした。学生時代は運動部だったものの、それからかなりのブランクがあり相当な運動不足で、数km走ってはすさまじい筋肉痛に...。家族に「10km出るよ」と言っても「5kmにしておきな」と言われるような始末でした。

 

そんな中でも、続けるうちに徐々に"走るよろこび"を感じており、マラソンには自然を感じながら自分とも対峙しながら走ってく魅力があることに気づきました。

 

また、マラソン大会を通して仲間ができたことで、妻や仲間と登山したり、ボランティアに参加したり、いろいろと積極的になりました。

 

そこで、このマラソンのもつ魅力をさらに広げていきたいと思い、今夏8月、第1回「蔵王ゲレンデマラソン」開催に向け準備を進めています。しかし、現状私たち夫婦2人で活動を続けており、資金力が乏しく思うような活動ができていません。

 

企画の一環として里山を切り開き、初心者でも安心して楽しめるトレイルコースづくりからスタート、ゴール、距離表示メーキング、幟・案内板などの会場設備費、またそれに伴う広報活動費が必要です。

 

今回、その費用20万円をクラウドファンディングで調達したいと思います。皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します。

 

 

 

一歩踏み出せば、自分の世界は広がる!

 

最近のランニングブームもあり、マラソン人口は増えているのですが、その多くは継続的に楽しむまで至っていないことが多く、それが登山やウルトラマラソンとなれば尚更です。

 

私自身マラソン、ウルトラマラソン、トレイルランニングをするようになって、「マラソンはやるけどウルトラマラソンは…」「トレイルランニング興味はあるんだけど一人では…」「走ってみたいけど遅いから…」といった声が多いことに気づきました。

 

ランニングやトレイルランニングがブームと言われても、まだまだ知らない人や、やってみたいけど一歩を踏み出せない人たちが多い、という気づきから、何か自分にできることはないかと思って始めたのが『Jog & Trail』の立ち上げでした。

今年の4月からイベント開催などを実施し、これまで約80名の方に参加して頂いております。

 

あまり人が入らないような里山の登山から、パーソナルトレーナによる身体の使い方のセミナーと実践、県内各所を巡るルート設定からなる全長60kmマラニック(走る遠足のようなもの)まで、幅広いイベントを企画し開催してきました。

 

イベントに参加した方々の声

  • 一人では走れないと思っていた長い距離でも、一緒に走ってくれる参加者やサポートのお陰で安心して楽しく走れました。
  • 山形に住んでいても知らなかった史跡や新しいお店が発見できました。次回からの練習ルートに使ってみようと思います。
  • 一人では入れない山や案内版にないルートなど、初心者でも歩きやすいルートを紹介してもらえて楽しかった。
  • いろいろな方との出会いがあり、情報交換ができ新しい仲間もできました。

 

 

 

 

夏の蔵王に新しいイベントをつくり、地域を盛り上げていきたい!

 

私たちがイベントを開催する上で1番大切にしていることは、初めての方が不安なく参加できることです。

 

さらに、ありきたりなイベントにならないように企画を考え、その情報をたくさんの人に向けて発信しています。そのため、事前準備としてイベント会場には何度も足を運び、時には会場周りの自然環境の整備なども行いながら企画を立てていきます

 

また、マラソン大会で走ることを通じ、山形の大自然の魅力を感じて頂ける設計も心掛けています。現在、蔵王は火山噴火警戒の風評被害に苦しみ、毎年恒例だったイベントも今夏はなくなってしまいました。

 

そこで、考えたのが「第1回蔵王ゲレンデマラソン」。蔵王温泉観光協会さまを主催とし、今年8月の開催に向けて準備を進めている最中です。

 

 

しかし、これまで自分たちだけでやってきたイベントのPR、フライヤーの作成、スポンサー探しなども、開催が急遽決まったこともあり、補助金が一切なく大会の準備ができていないのが正直なところです。

 

すべて私たちの持ち出しと有志の協賛金から成り立っている状態で、このままだと安心して大会当日を迎えることができません。

 

本大会を長く開催するためにも、まずは第1回をすばらしい大会に仕上げ、来て頂いた方やボランティアの方に「また来年も行きたい!」と言ってもらえる運営をしたいです。そこで、今回のプロジェクトでは会場設備から広報支援に至るまで、大会の運営費全般を皆さまにご支援頂きたく思っております。

______________________________________

第1回「蔵王ゲレンデマラソン」
 

■日時:2018年8月26日(日)

■距離:ショートの部:5.5km/ロングの部:11km/小学生の部:3km

■参加資格:小学生以上の男女(※18歳未満の方は保護者の同意の上お申込みください)

■主催:蔵王温泉観光協会

 

●魅力はこれだ!登山道として地図のない里山を縦走

 

標高400mぐらいの里山で生息しているカモシカに出会うことができます。身近なところにすばらしい自然があり、それに触れ合えるのが最大の魅力!さらに、すべての市町村に温泉があり、イベント後は疲れた身体を温泉で癒すことができます。さらに来年2019年春には「山寺・蔵王ウルトラマラソン」も開催予定(現在準備中)。「山寺と紅花」をテーマとした歴史や文化は日本遺産に認定されています。この機会に、是非とも山形の魅力を味わって頂きたいです。

______________________________________

 

 

 

 

 

来年は山形を舞台にしたウルトラマラソン大会を開催予定。
山形の人をマラソンで元気に!ご支援お願いいたします。

 

2019年4月21日、山形初のウルトラマラソン開催を予定し、現在その調整段階に入っています。コースは山形の大自然を盛り込んだ、各市町村を巡るように組み立てられています。

 

大会参加者や関係者に楽しんでもらうのはもちろん、ランナーの挑む姿を一般の人にも見てもらうことで、山形県全体に活気をつけ、見る人一人ひとりに勇気と感動を与えられたらと思っています。

 

今回のプロジェクト、また来年予定のウルトラマラソンに限らず、今後も初心者向けのイベント、他団体さまやショップとのコラボイベント(現在、カフェの裏山に道をつくりイベント準備中)など、イベント一つひとつを地域の皆さまと一緒に育てていきたいと思っています。ひいてはそれが山形の活性化につながるはずです。

 

皆さまの温かいご支援お待ちしております。

 

 


最新の新着情報