蜜柑の木の灰を使った釉薬、亜鉛華結晶釉薬!テストも順調に。

寒い日が続いていましたが、梅の花も咲き始め春めいてまいりました。

 

ご報告が遅くなり申し訳ありません。

 

中井町の里都まちブランドめざし、

1/20は東京交通会館でのマルシェ、2/17本日は中井中央公園でのマルシェに出店するなど、ドタバタしておりました。リターンも頑張って制作中です!

 

 

 

そして。

今季の蜜柑の灰はテスト用をわずかに残し、ほとんど使い切りました。

黒い土にも掛けてみましたら、思いがけずとてもいい色がでました。

蜜柑の灰の特徴と思われますが、少し乳濁してきらりと光り、

大変ご好評をいただいております。

 

 

蜜柑灰を含む亜鉛華結晶釉薬のテストも地道に進んでおります。

 

釉薬についてや、窯焚きのやりかたなど、親切にアドバイスをして下さる方々ともめぐり合うことが出来て順調に進んでおります。

 

 

地道な作業ではありますが、わくわくします。

 

 

釉薬がだらっと流れる可能性もあるので下に代を置いて浮かせて焼いてみます。ドキドキですね。

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

続きはまた来週のお楽しみに♡

 

愛と感謝をこめて♡

高田リツ子

 

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています