クラウドファンディング、残り9日となりました。
みなさまどうぞ応援よろしくお願いいたします。

 

 

私たちのプロジェクト、「石巻の高校生がつくる『醤油ブッセ』で地域の魅力を発信したい!」では、商品を作って終わりではなく、販売までを高校生がおこないます。

自分たちで実際に商品を販売し、お客さんの様々な反応を直接もらうことで、高校生たちはたくさんの感情と向き合うことになると思います。

 

 

「あなたの話にひきこまれたので、ひとつ!」とお客さんが商品を買ってくれて嬉しかったり、「石巻ね、今度行ってみようかなあ。」とお客さんが石巻に興味を持ってくれたり、「もっと伝えたいことがあるのに、全然うまく言えない!」と自分に悔しくなったり、「言葉があやふやでも、ちゃんと想いは伝わったよ」とお客さんが気持ちを受け取ってくれたり、自分の言葉で相手に思っていることを伝える難しさ、伝わった時の達成感、どちらも高校生の心を強くする、成長するために必要な気持ちです。

私たちは、高校生たちが販売会の時だけでなく、商品をつくる過程から、自分の気持ちに向き合うサポートをしてまいります。

販売会では、商品の説明だけではなく、商品づくり・そして地域に対してどんな想いを持って取り組んだのかを、ひとりひとりの言葉で伝える、「想いを届ける」販売会にしたいと思っております。

 

 

また、販売会はかぎかっこPROJECTの「高校生百貨店」にて実施いたします。
高校生百貨店は、単にものを販売するのではなく、高校生が”商品ができるまでのストーリー”や”作り手の商品に込めた想い”をお客様に届けることを大事にしています。

“醤油ブッセを通して”自分の想いを伝えること” “高校生百貨店の商品を通して”誰かの想いを伝えること” このふたつを体験することで、より地域を自分ごととして捉えてもらえると思っています。

幸いにも、これまでの高校生百貨店では、「前にも買いに来たよ!」「昨日も買いに来たよ!」とリピーターの方がいてくださったり、
「高校生たちのまっすぐな前向きな姿勢に感動した!」と言ってくれる方もいたり、「いまの石巻のことを教えてくれてありがとう。」と、涙を流して伝えてくださる方も。
たくさんのお客さんとの出会いが、高校生を成長させてくださいました。

 

 

今回のこのクラウドファンディングでは、醤油ブッセをつくるだけでは終わらず、高校生らしさあふれる販売会を実施し、高校生だからこそ伝えることができる地域の魅力発信へつなげてまいります。

みなさま、応援よろしくお願いいたします!

※販売会は、現段階では3月に石巻市内、市外、県外で実施予定です。

新着情報一覧へ