プロジェクト終了報告

2019年04月30日

プロジェクト終了のご報告

 

【感謝のご挨拶】
「石巻の高校生がつくる「醤油ブッセ」で地域の魅力を発信したい!」をご支援いただき誠にありがとうございました。

2019年1月より高校生たちはアイデアを出し合い、地域の方々に試食アンケートをとるなど、よりよい商品になるために奮闘してきました。共同企業である山形屋商店さまにはワークショップのゲスト講師として高校生たちへお店の歴史から商品のこだわり、商品開発の極意を学ばせていただきました。また、ブッセの作り手である菓子の三平さまには細かい味や香り・食感の調整をお願いし、多大なるご協力をいただき、無事完成しました。

3月には仙台、山形、大阪で2箇所、全4会場にて醤油ブッセ400個を高校生が直接お客様に販売して参りました。お客様からは「とってもおいしかった!」「高校生の想いが伝わりました」など、後日SNSやお手紙で感想をいただくことができ、石巻の魅力発信の一助になれたのではないかと思います。

今後も、この醤油ブッセは高校生たちのプライベートブランドとして販売や提供していけるよう展開していく予定です。

高校生たちからは「自分たちの意見が反映されたオリジナルの商品ができてよかった!」「お客様に石巻の新たな魅力を伝えることができた」「何個も買ってくださるお客様がいて嬉しかった」「山形屋さん、三平さんがとにかくいい人で大好き!」など、商品開発ができたことへの達成感が溢れる感想がたくさん出てきました。

これも、皆様の応援のおかげです。この度は本当にご支援ありがとうございました!

 

【クラウドファンディング結果報告】
目標金額「600,000円」に到達し、支援総額625,000円をもってプロジェクトが成立いたしました。
ご支援いただいた61名の皆様、本当にありがとうございます!

醤油ブッセの開発は、高校生が味やパッケージのアイデアを出し合い、醤油の提供を山形屋商店さま、ブッセの製造を菓子の三平さまにご協力いただき、3社合同での開発となりました。

高校生が商品開発を通して地元愛を深め、地域の魅力発信に努めました。また、開発のみならず販売経験を通して、伝えることの難しさと喜びを感じるとともに、コミュニケーション力や主体性・社会性を育むことができました。

 

【活動の様子】

 

【収支報告】

皆さまからご支援いただいた資金は、開発費に225,000円、備品の購入に50,000円、人件費に150,000円、販売会の準備(旅費・送料)に200,000円使用させて頂きました。

 

【リターンの発送状況】
現在のリターン対応状況ですが、下記の通り通り順次行なっております。

 

《リターン対応の日程》
【醤油ブッセ入り!】石巻のいいもの詰め合わせセット

【食べて応援!】石巻の醤油ブッセ10個

【食べて応援!】石巻の醤油ブッセをお届け!

 高校生からのお礼状+プロジェクト報告冊子

 高校生からのお手紙

>>>5月20日(月)より発送準備にかかり、5月24日(金)までに発送完了を目指します。 

 

【最後に】
弊団体として今回初めてクラウドファンディングに挑戦し、皆様からのご支援とメッセージが本当に励みとなり、今回の醤油ブッセ開発のみならず、今後の活動へのエネルギーに変わりました。

これからも私たちは石巻の高校生とともに地域の発展に貢献できるよう、より一層頑張ってまいりますので応援よろしくお願いいたします。

 

日々の活動はFacebookページにて更新しております!ぜひチェックお願いします!
かぎかっこPROJECT facebookページはこちら