高価なアテモヤだったのに・・・・。残念だった。

 

そんな経験ありませんか!?

 

・沖縄観光でお土産として買ったアテモヤ

・八百屋で売られていて勇気を出して買った高価なアテモヤ

・おすそ分けでもらったアテモヤ

 

だったけど、なんか食べごろよくわからず。。。どうしよう。。

 

そして、タイミングが早かったり、遅かったりで、

 

「アテモヤっていうほど美味しくない。。。」

 

もう二度とアテモヤ食べないでいいかな。

 

と思ったあなた!!!!!

 

 

 

 

まず、謝らせてください!!!!!

 

申し訳ございません(;_:)

 

 

 

私たちアテモヤ農家が、消費者にも卸業者などにも、

まだ上手く伝えられていないんです!!!!(ToT)/~~~

 

そこで、僕は自分ができることを少しずつ実践してお伝えしております。

 

■SNSで発信したり

 

■動画で発信(上記ブログの中でも掲載しています)したり

 

■イベントなどへ参加して試食させながら説明

 

などなど。。。

 

 

そして、上記とは別で、

「袋詰めされたアテモヤやパック詰めされたアテモヤ」

に関して注意点を上げます!!

 

 

上記の■のリンク先をご覧になられた方は、「色と柔らかさ」で判断すればよいんだな!と思ったのではないでしょうか?

 

 

 

下記アテモヤ、実は、もう食べごろです。

 

 

 

スーパーやファーマーズマーケットで販売されているような

「袋詰めされたアテモヤやパック詰めされたアテモヤ」

は、このような現象が起こります!

 

 

 

包まれている状態だからなのか、まだはっきりしていませんが、

 

 

もうすでに柔らかいのに、果皮の色が茶色(褐色)になっていないので、

まだ放置していると中身はグチョグチョになっています!!!!

 

※まるでバナナを熟させ過ぎた時のように。

 

上記は、僕は食感が苦手なアテモヤの食べごろで、個人的にはこちらは熟させ過ぎだと感じます。

※トロトロが好きな人は試してもよいかと思います( *´艸`)

 

 

 

以上で、簡単ではございましたが、

 

 

アテモヤのご理解について少しずつでもいいので皆さんのお役に立てたらと思います!

 

新着情報一覧へ