神々が降臨した熊野信仰の発祥地

川舟下りのあと、まちなかを散策するのもコンパクトシティ新宮の楽しみのひとつ。 世界遺産の神倉神社は権現山の中腹に鎮座し、熊野三山に祀られる熊野権現が初めて地上に降臨した伝承をもつ古社。天ノ磐盾という険しい崖の上にあり、熊野古道の一部である五百数十段の急峻な石段を登ったところにご神体のゴトビキ岩があります。そこから眺める市街地と熊野灘の遥々とした眺めは、新宮市随一のビュースポット。また毎年2月6日に行われる奇祭「御燈祭り」の舞台でもあります。

新着情報一覧へ