文化財保護法が整備されてから、認定された重要無形文化財。
今でも、進歩しています。

一代限りの人間国宝と違い、保持団体が認定され、後世へ伝承していきます。

越後上布、結城紬など、50年以上も前から認定されているものもあれば、久米島紬、読谷山花織などのように、つい最近に認定されたモノもあります。

認定される前の着尺。というのも、当然、存在していても、おかしくありませんね。
新着情報一覧へ