1950年代に、重要無形文化財に指定された結城紬ですが、
地元出身の方でも、50代くらいの方は、結城紬といえば、結城紬のコトと言われる方も、います。

その頃は、結城といえば「縮」が、主流だったからです。

現在は、結城といえば「紬」が、主流。

夏物でもある結城縮は、現在、高嶺の花になりつつあります。
新着情報一覧へ