多くの尊い生命が奪われた、東日本大震災から今日で7年。南伊豆町でも海岸地域で、津波避難訓練が実施されました。一方で、防潮堤の整備についての議論はまだまとまっていないようです。命を守るための防潮堤と景観維持という切り口を中心に議論が進んでいるようですが、All or nothingではなかなか難しいだろうと思います。

ひとつ言えるのは、東日本大震災の津波被害を忘れず、教訓として、防災意識として生かすことが大切で、誰にでもできる被災地支援のひとつだと思います。今後のきよりやの活動の中でも考えていきたいと思います。犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。

 

新着情報一覧へ