もうすぐで、ボクは35歳になる。若手と言われてた自分も間もなく中堅と言われる歳だ。中堅といえば、若い人達に「夢」を与えなければいけない。自分に何が出来るだろう?と思ってた時、去年の仙台育英の試合を見て、鳥ハダが立った。 最後まで諦めない気持ち、絶対、勝つと信じた精神力。 自分より、はるか年下の子供達に大切な事を教えてもらった。 しかし、全くその気持ちが無かった分けでは無い。宮城から、芸人になろうと、東京に上京した時は、彼らと同じ気持ちだった。忘れてたあの熱い想いを思い出させてくれてありがとう。ただ感謝。自分も、もっと「夢」を与えられるよう、1つ1つ大事に、時間を大切にしていこう。 


狩野英孝

新着情報一覧へ