READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

元・供血犬『シロちゃん』治療費支援

Lu Cocon ikuri(野々村かおり)

Lu Cocon ikuri(野々村かおり)

元・供血犬『シロちゃん』治療費支援

支援総額

4,852,000

目標金額 180,000円

支援者
1,073人
募集終了日
2021年3月12日
プロジェクトは成立しました!
130お気に入り登録
130人がお気に入りしています

130お気に入り登録
130人がお気に入りしています
2021年03月20日 15:21

シロの手術日が無事決定いたしました!


支援者の皆様、この度はご支援や贈り物、応援メッセージをたくさんいただきまして誠にありがとうございます。

シロは関東の病院で僧帽弁閉鎖不全症を改善するための手術が受けられることになりました。
まだ少し先になりますが、手術は5月後半に決まりました。

これから手術当日までは、術前検査や必要な投薬や手術する病院とのWEBコンサルやメンタルケアーなどが予定されています。

現在は比較的体調が良く食欲もありますので、6時間以上かかる移動や数時間の手術に備えて今の状態をキープしつつ、子どもたちやスタッフと一緒に幸せな時間を過ごすことが一番だと思っております。

シロの手術日から数日、関東で泊まり込みながら面会に行き、一緒に過ごせるようにと、夫婦で日程調整をしております。

日本または世界においても僧帽弁閉鎖不全症の最高レベルの手術チームにお任せできる運びとなり、これ以上なく本当に有り難いです。
いろいろと心配しておりましたが、安心してお任せできそうです。

循環器専門の獣医さんによると、13歳という年齢だと、術後の回復はゆっくりかも知れませんが、実際元気に回復した高齢のワンちゃんもいらっしゃるそうです。
術後の良好な経過は、年齢よりもシロ自身の治癒力や生命力によるとのことでした。
供血犬という大役を乗り越えて来たシロの生命力を信じてみようと思います。
これも一重に、ワンちゃんの手術経験者の支援者様から手術という手段に関するメッセージやアドバイスと、クラウドファンディングによる寄附金や朝日テレビさんによる供血犬報道がなければ叶わなかったこととしみじみ思います。

今まで供血犬だったシロが今度は必要ならば献血をお願いすることになるとは…何かの力が働いているとしか思えないです。

皆様のお陰でまずは一歩前進です。

また、ikuriスタッフ看板犬として元気になってみんなと幸せな毎日が過ごせるように心より祈っております。

支援者の皆様、応援してくださるすべての方々に心より御礼申し上げます。

また、今後もご報告をさせていただきます。
皆様ありがとうございます。
シロの治療・手術についてWEBコンサルをしていただきました!
一覧に戻る

リターン

1,000

シロちゃん応援コース1

シロちゃん応援コース1

近況報告とお礼のメールもしくはお手紙をお送りいたします。

支援者
846人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月

10,000

シロちゃん応援コース2

シロちゃん応援コース2

近況報告とお礼のメールもしくはお手紙をお送りいたします。

支援者
217人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月

50,000

シロちゃん応援コース3

シロちゃん応援コース3

近況報告とお礼のメールもしくお手紙をお送りいたします。

支援者
10人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月

100,000

シロちゃん応援コース4

シロちゃん応援コース4

近況報告とお礼のメールもしくお手紙をお送りいたします。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月
プロジェクトの相談をする