現地からの報告が届きました!

現在、1名の日本人共同実施者がレイテ島に入り、再建に立ち会うとともにサポートをしています。今回の報告は、再建に必要な資材集めの様子です。

今回の再建の中心的なものは、台風の強風によって吹き飛ばされた屋根の修復です。その屋根の一部が搬入されてきました。これから建築資材も続々と搬入されていく予定です。

現在レイテ島はすでに雨季に入り、時間との勝負です。なんとか急ぎ再建を進めていきたいと思います!

 

 

他にも現在の子どもたちの様子も届いています!

現在子どもたちは仮校舎で勉強しています。
子どもたちを少しでも勇気づけようと、日本の七夕の文化を紹介し、みんなで短冊に願い事を書きました!子どもたちは、「家族が健康でありますように」や「フィリピン航空のパイロットになりたい」などの願い事を書いていました。

 

 

最初、台風のことを書いてしまうのではないかと少し不安がありましたが、こうやって子どもたちが願いを書くことができるようになったのだと、変化を感じました。

そして、私たちは子どもたちが願いに向けて頑張っていくための環境を整えていかなければならないと、再認識しました。

これからも現地からの報告をアップしていきたいと思います!

新着情報一覧へ