プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

ご支援くださる皆さまへ。

あたたかいご支援いただき誠にありがとうございます。

 

プロジェクトは残り数日となりました。

まだまだ道のりは遠いですが、私たちはここで諦めたくはありません。

 

私は今大学4年生ですが、大学で「自分らしく生きたいのに生きられない」という声を多く聞きます。周囲の反応が怖くて自分のセクシュアリティを誰にも話せない友達、セクシュアリティが原因で家族と喧嘩してしまった友達、就活で自分の心の性とは違うスーツを着なければならない友達。 

 

私はこのスタツアに多くの若者に参加してもらい、またその学びを日本に持ち帰ることで一人で闘っている彼らが「自分は1人じゃない」「自分が行動することで社会が変わるかもしれない」と思ってくれることを祈っています。

 

しかし現実として、家族にセクシュアリティやスタツアに参加したいということを相談できないとお金を工面できないことが多く、そういう声を聞く度に私たちLGBT Youth Japan のメンバーは悔しい思いをしてきました。

 

このプロジェクトは6月16日(金)23:00までに目標金額の60万円を達成できなければ、失敗に終わってしまします。1人でも多くの若者にチャンスを掴んでもらうため、私たちは諦めません。 どうか最後まで応援をよろしくお願いします。

 

LGBT Youth Japanメンバー 一同

 

LGBTについて先進的な取り組みをするNYに若者を送り出し、施策や活動を学べる機会を与え日本社会を変えるリーダーを育てたい!

 

はじめまして、LGBT Youth Japan幹部の玉川 丈一朗です。私は中学校の教師を目指している大学4年生です。LGBTとはL=レズビアン、G=ゲイ、B=バイセクシャル、T=トランスジェンダーの頭文字をとった総称でありセクシャル・マイノリティーを指しています。ただ性には100人いれば100人それぞれの性のあり方があり、私たちは「LGBT+」と呼んでいます。

 

LGBT Youth Japanでは『LGBTスタディーツアーin 2017 NY』を実施します。2013年に始まったこの“スタツア”は今回が4回目。LGBT+問題に関心のある若者をLGBT支援団体が300以上もあるNYに送り出し、日本社会を「誰もが自分らしく生きていける社会」に変えられる人材を育てることを目的にしています。

 

近年世界中でセクシュアル・マイノリティーの人々を取り巻く環境が大きく変化しています。これらの変革を起こす人々の力は何なのか、実際に体験して感じることからすべては始まるのではないかと思い、NYへのスタディーツアーを企画しました。その費用に60万円が必要です。皆さんの力を是非貸してください!

 

去年のスタディツアー報告会の様子

 

 

誰もが「自分らしく」いられる社会に。それが私たちの理想です。

 

日本では13人に1人がLGBT+だと言われています。しかし、LGBT+という言葉は知っていてもそんな人は周りにはいない…という方が多いのではないでしょうか。実は「カミングアウトしたくても周りの反応が怖い」と誰にも打ち明けられず苦しんでいるセクシャルマイノリティーの当事者はいっぱいいるのです。

 

昨年一橋大学の男子学生が信頼し好意を抱いていた友人にゲイだとカミングアウトしたところSNSで「あいつはゲイだ」と言いふらされ、自ら命を絶ちました。好きな人に好きと言っただけなのに…。しかし、今の社会ではセクシャルマイノリティーの人は生きにくいのが現状なのです。

 

私自身ゲイであることを友達や先生、両親からずっと隠してきました。地方出身で中学・高校時代はなかなか周りからの理解が得られず辛い思いをしたこともあります。「もっと周りに自分を理解して、受け入れてくれるような人がいればいいのに」と、何度も1人で悩み苦しんできました。

大学生になった今、LGBT Youth Japanの仲間たちに出会い、私は自分にできることを全力でやりたいと思っています。誰もが「自分らしく」いられる社会を必ずや実現する。それが私たちの理想です。

 

LGBT Youth Japanでは、多種多様な生き方を様々な視点から学んでいます

 

 

NYで実際に見て聞いたことが、日本での活動の原動力になります!

 

LGBTスタディーツアーは約1週間で、セクシャル・マイノリティー支援を行っている団体や企業を10程度訪問するツア2016年には、LGBT+への福利厚生が進んでいる企業としてGoogle、精神疾患を抱えたセクシャル・マイノリティーのための居場所を提供している団体、全米中に400以上もの支部があるLGBT+とその家族・友人のための団体など13団体を訪問しました。

 

参加者たちは帰国後、それぞれが学びを生きかして活動を続けてくれています。関西でLGBT+の支援団体をめぐる「関西LGBTスタディーツアー」を企画した人。就職先の企業で性的マイノリティー施策実施を模索している人。NYでNPO法人の組織運営を学び日本でNPO法人の運動に積極的に関わっている人…、それぞれがNYで自分がやりたいこと、自分にできることを見つけ日本で活動しています。

 

今年もスタディーツアーを実現するべくプロジェクトを立ち上げました。しかし、やはり学生である私たちには金銭面の壁が大きく立ちはだかっています。LGBT+に関する法整備などがまだ進んでいない日本で、現状を変えるためのリーダーを育てるために皆さんの力を貸してください。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
どういった事を日本で取り入れることができるか、現地の方の話を聞きながら真剣にメモを取ります

 

毎回テーマを決め、事前準備から報告会までしっかり行います。

 

今回のスタツアの期間は2017年9月6日~2017年9月14日予定しています。ツアーは、毎回テーマを決めて行っており、今回のテーマは「メディア」「教育」「ダブルマイノリティ」「家族」「ポップカルチャー」「政治」です。

 

【事前準備】
現地への渡航までの間に国内のLGBT+を取り卷く状況について、いくつかのテーマに分けて課題図書・論文・映像資料を設定し、知識を学びつつ自分の問題意識を持つようにしました。また渡航1力月ほど前には参加者が集まって対面で事前研修を行います。ここではディスカッションや各分野の第一線で活躍されている講師の方々をお招きして講演や座教会を実施します。2016年のスタツアでは、『排除と差別の社会学』『教育の社会学』『同性愛と異性愛』などを読み、スタッフと参加者でディスカッションを行いました。

【現地渡航】
いよいよツアー開始。限られた時間の中で連日現地の支援団体等を訪問し、夜は宿舎でその曰学んだことの共有やそれらをどう曰本に生かせるかなど多岐にわたってディスカッションを重ねます。(2016年の訪問団体の詳細はこちらからご覧ください)この過程において参加者は海外から見た日本の状況を再度捉え直し新たな現伏認識に向けた思考の中で日本の将来について考えを深めます。

【報告会】
帰国した後もプログラムは続きます。私たちが事前研修からツアーを通して学んだことを全国に向けて発信する最も大きなイベントが報告会です。昨年度は東京と大阪の2カ所で開催し、計100名程の方に足を運んで頂きました。

 

ツアーでの写真を交えた報告も必ず行い、次に繋げます!

 

ありのままの自分を肯定して受け入れる。その一歩がやがて大きな力になります。皆さま、ご支援よろしくお願いします!

 

ツアー終了後が本当の始まりです。参加者たちは日本に戻り、それぞれがそれぞれの場所で自分にできることを始めました。その若者の熱い志が他の人に伝わりやがて大きな力となっていっています。

 

私たちは過去に3回スタツアを企画し、そんな輪の広まりを見てきました。スタツアを開催することには大きな意味がある、ここでやめてはいけないと強く感じています。特に今年はLGBTへの支援に消極的だと言われるトランプ政権がアメリカで誕生し、時代の流れが大きく変わってきています。私たちLGBT Youth Japanはそんなアメリカの変化を過去のスタツアと比較しながら捉えていけるはずです。

 

ありのままの自分を肯定して受け入れてあげる。簡単そうで難しいこの過程の中で自分と向き合い、悩み、時に苦しむ。そうして得た自分なりの答えを以て、初めて人は他者を理解し肯定し支えてあげられるのではないでしょうか。少しずつ行動できる人を増やしていけば、いつか私たちの夢である「誰もが多様性を認め合い自己肯定感をもって生きていける社会」を実現できると信じています。皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
スタツアを開催することには大きな意味がある、ここでやめてはいけない!
応援お願いします!

 

LGBT Youth Japan【団体概要】

 

LGBT Youth JapanはLGBT問題に関心を持つ若者に海外LGBT団体での経験や、国内外での学びと発信の機会提供を通して、新しい視点を持って日本のLGBT問題を変える一端を担う人材を育てます。

 

■スタッフ数

7名(2017年4月現在)

■実績

2013年8月 国内初のLGBTスタディーツアー in NY 2013実施

2013年10月 東京にて報告会実施

2013年11月 大阪にて報告会実施

2014年9月 LGBTスタディーツアー in NY 2014実施

2014年10月 東京にて報告会実施

2015年8月 第1回全国LGBTA学生ミーティング実施

2016年3月 LGBTスタディーツアー in NY2016実施

2016年8月 LGBT+学生リーダー会議実施

2017年9月 LGBTスタディーツアー in NY 2017開催予定

 

毎週日曜に行うミーティング。毎回熱い議論が交わされます

 

 

皆様のご支援の使途について

 

■航空運賃  760,000円

■宿泊代 392,000円

※今回クラウドファンディングで支出額の約半分となる金額をみなさまにご協力いただきたく、目標金額に設定させていただきました。プロジェクトが達成した際には、プロジェクト終了ご報告のタイミングで収支報告をさせていただきます。

 

 

リターンについて

 

*ツアー参加者からのお礼の手紙

「誰もが自分らしく生きられる社会の実現」を目指しているツアー参加者の熱い想いをお届けします。

 

*報告会の招待券

スタツアでは主に東京で報告会を開催しています。ご支援を頂いた方に報告会の招待券をお送りいたします。

 

*報告書

スタツアで学んだことを報告書にしてお届けします。金額により、支援者様1人1人にあてたオリジナル報告書を作成します。

※具体的なカラー写真や参加者がその場で感じた個人的な感想や写真の量が、異なります。

 

*ツアー参加者からの直接報告
スタツアに参加した参加者が、直接お礼と報告に伺います。(※場所は要相談)

 

*【企業様むけ】LGBT Youth JapanのHP内に協賛企業として紹介します

協賛企業様として、HP内で1年間紹介させていただきます。
 

 


最新の新着情報