プロジェクト概要

「身体にいいものを食べてほしい」

そんな思いで丹精込めて作った「まっかな農薬不使用りんご」を、青森からあなたのもとにお届けします!

 

 

お世話になっております。お陰様で、プロジェクトの第一目標を達成することができました。皆さま、ご協力ありがとうございました。心から感謝申し上げます。

 

今回、無農薬栽培のりんごを増やすために、苗木を購入するプロジェクトを

立ち上げました。無農薬栽培は、苗木が成木になる確率は、非常に低く10本中1~3本残ればいい方です。園地の状況により異なりますが、冬期間に野ネズミの被害に遭うことや大雪による枝折れ被害が多いです。それ以外にも、病気により枯れる場合もございます。

 

通常は、野ネズミ対策に、殺鼠剤を撒いたり、農薬を苗木に塗ります。無農薬栽培では、それができないため、網でできたプロテクターを枝に巻いて被害を防ぎます。

 

今回、第一目標を達成させていただき、次なる第二目標を100万円と設定させていただきたいと思います。そのご支援金は、苗木の増数分や苗木を植樹する際にかかる費用や植樹地の土地代(賃貸含む)に充当させていただきたいと存じます。勝手ながら、皆様の更なるご支援をいただければ、嬉しいかぎりでございます。

 

微力な私共ですが、一歩ずつ確実に世の中に役立つ仕事をさせていただきたいと存じます。

 

======▼私の想いを書かせていただいております▼======

 

はじめまして。こんにちは、合同会社まっかなほんと代表対馬正人と申します。私は、青森県弘前市でりんごの栽培を行っています。サラリーマンをやめて実家のりんご園を継いだのですが、つくり手として安全なものを口にしてほしいという願いから無農薬栽培のりんごを手掛けております。2010年から青森県特別栽培農産物(農薬不使用・化学肥料不使用)の認証を取得しております。無農薬りんごは、農薬基準を満たさないというような理由から通常の販路では販売が難しいです。しかし、農薬を使ってない栽培方法をとっているので安心して子どもにも食べてもらえます。無農薬で栽培するので植た木が全て健康に育つというわけではありません。それでも継続して栽培していくためには苗木を植えていく必要があります。

 

この度は、みなさまに苗木100本の購入費を支援していただきたいと思っています。次の世代にも無農薬農法を残して行けるように皆様お手伝いいただけませんか?どうぞよろしくお願い致します!

 

(家族に安全なりんごを食べてほしかった)

 

 

サラリーマンをしていましたが、実家の農家を継ごうと決意しました。

 

もともは、りんごとは無縁のサラリーマンをしていました。サラリーマンの頃に、りんごの夢を頻繁に見るようになり、実家がりんご農家で後継者が決まっておらず、後継ぎを決意しました。でも、どうせやるなら自分の子供たちに『安心・安全で美味しいりんご』を食べさせてあげたい!と強く心に誓ったからです。後に、この時の決断がこんなにも、波乱万丈な人生を運んでくるとは想像できませんでした。

 

(まさかりんごに懸けるなんて若い頃は思いもしませんでした)

 

 

安定を捨てて、無農薬りんごの世界に飛び込んで不安はありましたが、覚悟を決めたので、あとは突き進むのみでした。

 

りんご栽培においては、収入が秋に集中するため、サラリーマンのように月給制ではないので戸惑いもありました。経営を安定させることが必要と考えました。

 

無農薬栽培では、苦悩ととらえたことはありません。超えるべきハードルととらえております。ハードルには、精神面と肉体面の2つございます。まず、精神面では、無農薬栽培は、無収入になる可能性が非常に高いということです。収穫できたとしても、通常の流通経路では、取引されません。農薬基準を満たさないと害虫などのクレームが消費者から出た場合、販売者が対処に苦慮するからです。ですから、自ら販売ルートを探さなければなりません。肉体面では、通常の栽培ですと農薬で済む作業が、すべて手作業なので、かなりの体力を消耗します。例えば、摘果作業は、1個の実をならせるために、100個~300個の花や実を摘み取ります。

 

そうして、やっと実っても、虫や菌の被害で収穫に至らないものも少なくありません。結果を受け止めた上で、日々の観察力と工夫が必要な栽培です。

 

(りんごと向き合う日々です)

 

 

無農薬で作ったりんごは、割ってもりんごが変色しない!

 

最初に気づいたのは、お客様でした。割ったりんごが茶色に変色しないと

問い合わせが増えました。確かに、割ってみると何日経過しても、変色しないりんごが多いです。(お客様が勝手に調べてくれて酸化還元電位という聞いたことがない数値でマイナス200~800まで上昇したと驚いて電話を下さったのを覚えております。通常は、体に良いとされるものでも、マイナス15とからしいのですが、簡単に言うと非常に酸化しにくいリンゴだそうです)

リンゴの味は、どこか昔懐かしい味がするといわれることがあり、とても印象深いです。

 

 

★ 無農薬の6つのこだわり ★

 

 

 

 

 

 

 

これで身体にも環境にも優しいりんごの出来上がりです!

 

 

 

お客様からはこんな嬉しい声もいただいています!

 

【O様の声】

リンゴ届きました。一口、いただいてニッコリ、やっぱりおいしいねー。

 

【Ⅿ様の声】                             

昨年、初めて御社のりんごを頂きまして、今までで一番の美味しさのりんごに感動いたしました。主人は、カナダ人でりんごにはうるさいのですが、主人も同じく感動しておりました。こどもにも安心して食べてもらえるので、親として助かりました。 

 

(自然と上手にお付き合いすることが大切です)

 

毎年早い段階で売り切れになってしまうので、りんごの木を増やして多くのお客様にお届けしたいと考えています。そこで、2016年春に、弊社のりんご園に私共で100本のりんごの苗木を植えます。

 

無農薬りんごの栽培は、りんごの木にとって、とても過酷なものです。冬場は、雪の下で、野ネズミに木の幹をかじられます。さまざまな菌による病気や害虫による被害も多くりんごの収穫量も通常の栽培と比較するとかなり少なくなります。そこで、りんごの木を新たに植えてもっと多くの方々に召し上がっていただきたいと思いました。

 

りんごの苗木100本を植えるための資金が足りておりません。りんごの苗木、支柱、木を保護するためのプロテクター1本当たり4000円×100本分=400,000円が不足しています。

 

毎年、秋に穫れたりんごが12月に完売になります。お客様からもっとないの?売り切れ?残念だわ。という声を聞くたびに収穫量を増やせたらいいのにと思います。

 

(多くの方に食べていただきたい、、)

 

このプロジェクトを成功させることで、将来ひとりでも多くの方々に無農薬りんごを召し上がっていただける。未来への種を蒔いて喜びを分かち合えたらとても嬉しいです。

 

★ 引換券について ★

 

・お礼のお手紙


・農薬不使用りんごジュース 720ml 2本入

農薬不使用のりんごを使った果汁100%りんごジュース『ふじ』と『ジョナゴールド』のブレンド 無添加 

 

 

 

・農薬不使用りんご 2k(6個~8個)

農薬不使用・化学肥料不使用の青森県特別栽培農産物認証のりんご(品種:ふじ)

 

 

・神々の林檎 皇室献上品 農薬不使用りんごジュース 1本入

『BRUTUS』2014年『日本一のお取り寄せ』100%ジュース部門にて準GPに選ばれました。2015年復興庁主催の『世界に通用する究極のお土産』ノミネート商品に認定されました。

 

・「神々の林檎」(皇室献上品) 

【720ml×3本入】最高級りんごジュース「神々の林檎(皇室献上品) 3本

 

 

・青森の伝統工芸品「津軽塗コースター2枚」

 

・購入した苗木のお名前をつける権利


最新の新着情報