あけましておめでとうございます。

ということで・・・2017年も3日が過ぎようとしています。

そして、このプロジェクトも残り少なくなってまいりました。

あと一息!!といったところで動きが止まってしまっています。

ラストスパートで私も広報活動を頑張ろうと思います。

 

年末年始は、入院中の娘も外泊許可をいただいて家で過ごしましたが・・・

なかなか穏やか・・・とはいかず元旦そうそう落ち着きませんでした。

不調は、お正月でも誕生日でもお盆でも構わずやってくるものです。

わかってはいるものの・・・できれば穏やかにいたいと願わずにはいられません。

 

我が家には、娘とは4歳8か月歳の離れた息子(弟)がいます。

 

娘が、立ち止まってしまったはじめのころは何かと気を使いました。

壮絶な修羅場に巻き込まないように・・・

娘にかかりきりになってしまい、放置状態になってしまったり・・・

 

不登校などは姉弟(きょうだい)に影響を与えやすく、ともに不登校になってしまう例も多いと聞いたことがあります。

息子まで不登校になってしまわないか・・・と心配したこともありましたが、おかげさまで彼はマイペースな性格で、自分のやりたいことを見つけてそれに没頭してくれたおかげで助かることも多かったです。

 

その彼も今は受験勉強が佳境を迎えた受験生。

いろんな面で大人になってきました。

 

最近は、私に優しい言葉をかけてくれます。

前に進めない姉のことを必ず「お姉ちゃん」と呼びます。

娘は、「こんな私なのに”お姉ちゃん”と呼んでくれるからうれしい」と言っています。

そして娘は、活躍する弟のことをひがんだりせずに私と一緒にいつも応援しし・・・息子が活躍すると涙をながして「よかったね」と喜びます。

 

そんなとき、親としてはホッとします。

 

穏やかな時ばかりではありませんが、お互いが理解しあえるような環境ができたらいいなと思っています。

 

家庭の話だけでなく、世の中が目には見えづらい精神疾患への理解が増すように少しずつ活動していきたいと改めて思う年のはじめとなりました。

 

今後とも、引き続きよろしくおねがいします。

 

 

 

 

新着情報一覧へ