READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

子育て中のママたちの孤立解消のため横浜にカフェをつくりたい!

松浦さゆり

松浦さゆり

子育て中のママたちの孤立解消のため横浜にカフェをつくりたい!

支援総額

12,000

目標金額 1,000,000円

支援者
3人
残り
終了しました
募集は終了しました
1お気に入り登録1人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなり、返金が行われます。

1お気に入り登録1人がお気に入りしています

プロジェクト本文

ママ達の子育ての孤立を解消し、社会とつながれる拠点「みんなのカフェ」を作りたい!

 

初めまして、Mammas gömställe(ママスジャムステイラ)の代表 松浦さゆりと申します。私たちは、子育て中にあったらいいな、ということを自分たちで実現してみよう!というメンバーが子連れで集まって活動しています。この3年間で「子育てひろば」や「自分発見講座」「親子防災キャンプ」など親子で楽しめるイベントを行ってまいりましたが、それでも、子育ての孤立は、解消できませんでした。今回のプロジェクトは横浜で子育て中のママたちが活躍できる活動拠点「みんなのカフェ」を作りたいです。

 

しかし、カフェの店内に必要だと思われる備品や設備がまだありません。皆様のお力をお貸しください。

 

(ママ達が交流できる拠点を作りたい!)

 

現在子育て世代が中心で運営する、地域密着のコミュニティーカフェを、横浜市金沢区並木1丁目のふなだまり周辺の商店街で、2014年春オープンに向け計画を練っています。金沢区並木は30年ほど前に埋め立てられて作られた比較的新しい街ですが、現在一気に高齢化が進み、子育て世代の数がどんどん少なくなっています。

 

深刻な状況になる前に、少数派となりつつある若い世代が気楽に結束できる拠点が早急に必要だと考え、急ピッチで準備を進めていますが、一番のネックは、子育て世代には自由に使える資金が少ない…ということです。改装費は公的な補助を受けれそうなのですが、カフェの店内に必要だと思われる備品や設備の補助をしていただけないかと思い、このプロジェクトに参加させていただきました。

 

子育て中のママたちの交流場「みんなのカフェ」を作りたい!

 

横浜は保育園が充実していると報道されていますが、保育園を利用するのはお勤めしているママたち。残りの専業主婦となっているママたちには、まったく恩恵はありません。

どんな事情のママも、子育てに行き詰まり、苦しい時にいつでも駆け込める場所、喜びも悲しみも受け止めてもらえる場所の必要性を感じ、たどり着いたのが、「みんなのカフェ」です。

 

子育て中のママたちのキャリアや資格、趣味などを生かして地域の方々と交流しながら、顔見知りを増やし、もっともっとまちでの生活が楽しくなるきっかけづくりの場所を作りたいと思いました。思いついたら即実行。行動力があるのも私たちの強みです。

 

(ママ達と子供達が楽しめるイベントを開催する様子)

 

みんなのカフェができると

 

・子育て中の孤立防止につながります!

・○○団体とか固い組織は若い人には敬遠されがちですが、カフェの気楽な活動を通じて、色んな方々に親しまれる地域をアピールし、住んでみたいまちと言ってもらえるようなキッカケの場所になります。

・多世代交流もでき、顔の見えるまちとなり、「域で子育て」してもらえるようになります。

など、小さな場所から子供の声がBGMとなる、楽しいまちにつながる。と確信しています。

 

このプロジェクトが達成すれば、100%オープンすることができ、多くのママたちが生きがいを持って毎日を生活できるようになります。

 

(子育ての講座を開催する様子)

 

Mammas gömställe(ママスジャムステイラ)について

 

ママジャムの前身は「みんな笑顔のまちにしたいね!」の会PeeP(ぴぃぷ)です。
PeePは 2011年6月 子育て中の現役ママ5人で立ち上げた団体です。
「子育て中にあったらいいな」を自分たちの手でつくろう!をスローガンに「子育てのひろば」を中心に、みんなが楽しめるイベントの企画などをいろんな方のご協力のもと、子連れで活動してまいりました。


子どもが大きくなるにつれ、生活費がかさんできたりしてボランティア的な活動を続けていくことが困難な状況となってくる中、子連れでやってきた活動が地域の方に与えた影響は大変大きく、もっと続けてほしいとの多くの要望もあり、私たちも出来れば続けたい。という思いをどうしたらいいか考えた末、団体を強化して、しっかり地域に根付いた活動をする決意をいたしました。

 

(親子の交流イベントを開催する様子)

 

Mammas(ママス) gömställe(ジャムステイラ)  とはスウェーデン語で「ママの隠れ家」、「ママ達が運営するみんなの隠れ家、秘密基地みたいなものを作って、楽しい地域にしていきたい。」という思いから、この名前にしました。通称は、略して「ママジャム」です。

 

「ママジャム」の目的は子育て中の親子と地域の方々に対して、親子の交流・集いの場を提供したり、子育て中の親への支援、子ども及び地域住民への支援、子育て及び地域関連情報提供、などを行い、子どもたちの明るい未来の為、地域みんなで助け合えるまちを目指します。


NPO法人にする理由は上記の目標を達成するために、ボランティアな部分とソーシャルビジネスを融合させた、社会へ貢献できる事業を行っていきたいので、株式会社、社団法人、NPO法人の中から、税への優遇があり、社会的信用も受けやすく、参加いただくみんなが主役で活動することができるNPO法人を選び、只今申請中です。
 

みんなのカフェの詳細

 

 

このカフェでは、ママたちを中心に、地域の方々の資格やキャリア、知識を活かして夢を実現するお手伝いをしながら、誰もが自由に集い、顔見知りとなっていける場となります。みんなできることをたくさん持っていて、やってほしいこともいろいろあって、それぞれのギブ&テイクをコーディネートして地域活性のお手伝いをさせていただきます。

 

引換券について

 

引換券は、ママたちがおすすめする携帯用防災グッズを中心に、3,000円、10,000円、50,000円、100,000円で設定させていただきました。100,000円には1年間ドリンク無料券をつけさせていただきますので、是非ご来店いただき、ママたちとのコミュニケーションをお楽しみください。

子育て期は人生の中でほんの一時期です。今集まっているエネルギーを次世代に繋ぐためにも、是非私たちにお力をお貸しください。

よろしくお願いいたします!!!

 

もっとみる
プロフィール
松浦さゆり
松浦さゆり
子育て応援ボランティアを始め8年になります。夢は語ってると実現する!を信じて、子連れの活動を楽しんでいます。

リターン

3,000

フォトフレーム入りオリジナルカレンダー2014
(ハガキサイズ)
小人のオーナメント

支援者
3人
在庫数
制限なし

10,000

ママおすすめ防災グッズ3点セット
(ミニ多機能ナイフ、笛、ミニライト)
フォトフレーム入りオリジナルカレンダー2014
(ハガキサイズ)

支援者
0人
在庫数
制限なし

50,000

ママおすすめ防災グッズ5点セット
(ミニ多機能ナイフ、笛、ミニライト、
ソーラー携帯電話充電器、手巻きラジオ)
フォトフレーム入りオリジナルカレンダー2014
(ハガキサイズ)

支援者
0人
在庫数
制限なし

100,000

カフェドリンク1年間無料券
ママおすすめ防災グッズ5点セット
(ミニ多機能ナイフ、笛、ミニライト、
ソーラー携帯電話充電器、手巻きラジオ)
フォトフレーム入りオリジナルカレンダー2014
(ハガキサイズ)

支援者
0人
在庫数
制限なし
プロフィール
松浦さゆり
松浦さゆり
子育て応援ボランティアを始め8年になります。夢は語ってると実現する!を信じて、子連れの活動を楽しんでいます。

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXTGOAL挑戦中

変わらぬ景色と最期を。今を生きる希望となる緩和ケア病棟開設へ

信州上田医療センター(病院長 吉澤要)信州上田医療センター(病院長 吉澤要)

#地域

111%
現在
13,403,000円
寄附者
249人
残り
22日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする