支援者の方からメッセージが届きましたので、

ご紹介します。

 

以下、メッセージからの抜粋です。支援者の方に掲載をご快諾いただきました。

ありがとうございます。

 

__

いつも活動報告を楽しみに読んでおります。
タンポポに限らず、無農薬というのは難しいですよね。

ここからは個人的な意見になりますが、どの辺りでコスト(この度募集している費用)を使用しているのかが見えると支援しやすいかもしれません。
畑もあり、タンポポの苗もあり…だと、支援→利益という見方をする人もいるかもしれないので、「無農薬にこだわることでコストがかかっている」等が伝わるとより多くの人の心を動かせるのではないでしょうか?

このプロジェクトの成功を見守りたいと思います。

__

 

 

なかなかプロジェクトについてアドバイスを頂く機会がないので、

このようなメッセージは私にとって大変貴重です。

 

皆様もご意見があれば、ぜひメッセージを送っていただければと思います!!

 

 

 

今日の新着情報では、このメッセージにお答えしたいと思います。

 

 

 

どの辺りにコストがかかっているか、についてですが、

 

 

 

 

今回のプロジェクトで皆様に支援していただいた資金は、

 

「畑の土壌整備費、タンポポコーヒー製造のための焙煎機とミルの費用、国産のタンポポコーヒーを啓蒙するための宣伝費用、タンポポの苗の費用」

 

に充てられます。

 

 

 

しかし、メッセージを送ってくださった方がおっしゃる通り、

無農薬(有機栽培)にすることにも、費用がかかります。

 

 

 

今回支援していただいた資金は、「畑の土壌整備費・・・タンポポの苗の費用」

に充てられるとなっていますが、

もちろん支援していただいた資金は、

無農薬(有機栽培)をする費用にも繋がります。

 

また、今回私がこだわっている、国産、在来種のタンポポを栽培する費用にも繋がります。

 

 

これまでの新着情報に書いてきましたが、

無農薬にするとより虫が集まってきます。

化学殺虫剤をまけばすぐに退治できるのですが、

無農薬のため、それは使いません。

 

私は牛乳&カキ石灰を撒く予定ですが、

これを撒くのは実は簡単そうに見えますが、

スプレーを使うと、カキ石灰が原因ですぐに詰まってしまうので、

実際は1株ずつ丁寧に手を使って散布していきます。

 

また除草ですが、これも手を使って抜きます。

 

このように、無農薬にすると、一番かかってくるコストは人件費です。

もちろん物の値段も高く、

化学殺虫剤よりも環境や人に優しい殺虫剤(牛乳&カキ石灰など)

の方が高いです。

 

 

次に、国産、在来種のタンポポを栽培するコストについてですが、

 

 

人件費が高くなるため、国産のタンポポは海外よりも高くなります。

 

また、在来種のタンポポは、外来種よりも繁殖力が弱いため、

同じ量を採ろうとすると、在来種のタンポポは外来種よりも株数が多くないといけません。

そのため、タンポポの苗の費用、殺虫剤の費用、人件費など、

外来種のタンポポより、多くかかります。

 

 

また、私のこだわりの国内生産。

これも海外生産より人件費が高くなるため、

もちろんコストがかかります。

 

 

これらのコストは安全・安心なタンポポコーヒーをつくるため、

絶対に必要なコストです。

 

 

プロジェクト終了まであともう少し。

 

 

皆様のご支援、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ