クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

中学生に「こころの健康」を育むための副読本をもっと届けたい!

中野彰夫

中野彰夫

中学生に「こころの健康」を育むための副読本をもっと届けたい!
支援総額
1,027,000

目標 900,000円

支援者
74人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
5お気に入り登録5人がお気に入りしています

5お気に入り登録5人がお気に入りしています
2015年04月06日 18:23

改めまして、自己紹介

「こころの健康副読本編集委員会」事務局担当の中野です。プロジェクトをスタートさせていただきました。何卒よろしくお願いいたします!

 

「悩みは、がまんするしかないのかな?」は、中学生にこころの健康について知ってもらうための副読本です。保健体育の授業で教科書の副教材として使っていただけるよう、作成いたしました。

 

 

この副読本をつくるきっかけは、「中学生にこそ、こころの健康教育が必要なのに、なかなか学校で教えることができていない」という問題意識が、学校の先生と精神科医の間で一致したことからでした。

15名の委員が組織されて、とても密度の濃い議論が交わされた末に出来上がった中学校保健体育副読本「悩みは、がまんするしかないのかな?」は、2013年11月に発行し、約3万部、希望する中学校に無料で配布されました。

中学校の手応えもよく、継続のご要望も多くいただいておりますので、なんとかして増刷して配布を続けていきたいと思っています。

 

ぜひとも、ご支援よろしくお願いいたします!

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

■「悩みは、がまんするしかないのかな?」本誌および先生向け解説書 各1部

支援者
42人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

■「悩みは、がまんするしかないのかな?」本誌および先生向け解説書 各5部

■副読本を配布した中学校のリスト

支援者
25人
在庫数
22

30,000円(税込)

10,000円の引換券に加えて

■2013年、14年度の取り組みに関する報告書

支援者
10人
在庫数
40

100,000円(税込)

30,000円の引換券に加えて

■本誌を使った出前授業(1回)

■新たな副読本の制作に向けた企画への参画

支援者
3人
在庫数
7

プロジェクトの相談をする