本好きがつくったちいさな図書館たちが

 

つながり、ひろがる新しいサミット。はじまります。

 

個人の思いや力で作られた小さな図書館が、日本各地で展開されています。

 

このような小さな図書館は、ともすればその存在が忘れがちですが私たちが本に接し、人と出会っていくうえではとても大事な役割を果たしています。

 

 

そんな思いを込めて、マイクロ・ライブラリーサミットのイメージ画を描きました。

 

 

小さな図書館は、まるでアリの巣のようなものかもしれません。

 

一見、とてもちいさな巣穴にしか見えませんが、

 

地面の中ではたくさんの部屋が作られ、日々広がりを見せています。

 

アリの力は小さいですが、無数に集まることで、無限のつながりとひろがりが生まれるのです。

 

 

 

このサミットでの出会いや考え方、思いの交流を通じて、

 

個人の力で歩こうという仲間が次々と現れること楽しみにしています。

 

 

 

このREADYFOR?での挑戦もあと10日となりました。

 

 

ぜひ小さいアリの集まりとこれから起こるひろがりを応援してください!

 

 

新着情報一覧へ