READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

個人の小さな図書館を集めたマイクロ・ライブラリー図鑑を作る!

個人の小さな図書館を集めたマイクロ・ライブラリー図鑑を作る!

支援総額

377,000

目標金額 300,000円

支援者
44人
募集終了日
2014年8月29日
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2014年08月13日 10:47

“おはなしレストラン” ー大学生が運営する絵本と笑顔の図書館

【サミット2014参加ライブラリー紹介】

 

島根県立短期大学 おはなしレストランライブラリー

 

島根県立短期大学の岩田英作先生を中心に先生と学生さん達が大学のカリキュラムとして推進しているライブラリーです。きっかけは、2005年に近くの病院の小児科医から入院している子供達に読み聞かせをして欲しいとの依頼であり、小児病棟でもボランティアからスタートしました。現在、短大の学生さんたちが授業の一環として絵本や紙芝居の読み聞かせを練習し、それを土曜日にライブラリーを訪れる子供や親御さんたちに披露しておみんなに楽しんでもらっています。

 

 

ライブラリーは短大にあります。体育館がある建物の中の会議室を「おはなしレストランライブラリー」としました。

 

ライブラリーの中は、対象年齢毎に絵本の表紙が見えるように本が並べられていて、子供達が自由に本を手に取って選べるようになっています。一角には、1メートルもする大きな絵本や紙芝居もたくさん置いてあり、子供達が一日楽しめるパラダイスといった雰囲気です。

 

 

 

「おはなしレストラン」という名称は、宮沢賢治の『注文の多い料理店』からヒントを得て付けたそうで、食事ができるわけではありません。

 

この場所以外にも、岩田さん達は「おはなしレストラン号」という専用の車を持っていて、近くの幼稚園や保育園、老人ホームや病院などにも出張して活動を行っているとのことでした。

 

お話を聞く子供と読み聞かせをする学生さん達がともに育まれるマイクロ・ライブラリーと言えます。

 

 

おはなしレストランライブラリー
ホームーページ
 

■マイクロ・ライブラリーサミット2014


詳細・お申し込みはこちらから



====================

readyforでマイクロ・ライブラリー図鑑 制作サポート募集中!
https://readyfor.jp/projects/microlibrary2014

小さな図書館を集めて一冊の本『マイクロ・ライブラリー図鑑』2014年版を出版します!マイクロ・ライブラリーの取り組みは、一人で始めた小さな取り組みですが一歩一歩積み重ねて、気がつけば全国に広がり、沢山の活動が実施されるようになりました。マイクロ・ライブラリーが、全国各地に広まった活動の歩みを、本にして出版します。2000部の発行のための資金の一部として今回も皆様のお力をお借りしたくプロジェクトに挑戦しています。

=====================

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

①サンクスメール
②「マイクロ・ライブラリーサミット2014」リーフレット(当日配布資料)をメールにてお送りします。

支援者
9人
在庫数
制限なし

10,000

alt

『マイクロ・ライブラリー図鑑』2014年版を
進呈します。
図鑑にはご支援くださった方のお名前をクレジット記載いたします!
もちろん①、②もご提供します!

支援者
35人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする