おはようございます。実行者の三富です。

 

今朝、NHKのニュースで

「最近は保育園と近隣住民とのトラブル(主に騒音)が多い」と報じていました。

子供の声が騒音・・・

現在子育て中の身には信じられない感覚ですが、

子供に接するこのとない生活が長くなると、多かれ少なかれ子供は不愉快な存在になってしまうようです。

そのニュースを聞いてますます、地域の子供と高齢者が接する機会・場所を作っていくきたい気持ちが高まりました。

 

* * * * *

 

私たちの喫茶店には、夫婦それぞれがこれまで大事にしてきた/影響を受けてきた本や雑誌を、来店したどなたでも読めるように置く予定です。

 

今日はその一部をお見せします。

 

1990年代の音楽・カルチャー誌です。

まだネットが普及していない時代、若者の情報源はとにかく雑誌でした。

自分の好きなアーティストを目的に買った雑誌をくまなく読んで、

また新たなアーティストに出会ったり、良質な写真を見られたり・・・

ドキドキワクワクしながら読みました。

そのときの感覚をいまも忘れられないから、自分で生み出したいから、

お店をはじめるのです。

 

お店を通じてどんな出会いが生まれるのか、

いまから楽しみです。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

引き続きご支援おねがいいたします。

 

 

 

新着情報一覧へ