プロジェクト概要

障がいは、際立った個性と才能!誰もが自信を持って活かせるように!

 

はじめまして!宮崎市の障がい者就労支援A型事業所「未来の風」で、職業指導員をしている小泊と申します。現在、22歳から60歳以上までの、およそ20名の利用者が、一般就労あるいは独立を目指しながら、日々様々な生産活動を行っております。私自身も身体障がい者で、この施設の元利用者でしたが、去年の夏からは職員として働き始めました。

 

日々、自分が利用者の立場にいた時に感じていた様々な問題を解決しようと、事業所の雰囲気づくりに励んでいます。それでも、心の病気に苦しんだり、悩みを打ち明けにくいと感じる利用者がいたり、と状況の改善にはまだまだ遠いのが現状です

 

そこで、以前一度お世話になったカウンセラーの方を一定期間、事業所にお呼びして一緒に作業してもらう中で、悩みを抱える利用者に対してカウンセリングをしていただこうと考えました。しかし、そのための資金が捻出できずにいます。どうか、皆さまのご支援をお願いいたします!

 

気軽に相談できる環境を作っていくために!

 

就労に向けた意欲を持てない利用者。その原因のひとつは心の病気。

 

障がい者就労支援A型事業所の最終的な目標は、利用者が一人でも多く一般就労に就くことです。「未来の風」でも、開設からの3年間で、5名ほどの利用者が一般就労を決め、退所していきました。

 

利用者の立場だった頃から、職員と協力・相談して、自分も含め一人でも多くの利用者が一般就労できるように、パソコンの講習を開いたり、一般企業の経営者を招いて様々な話を聞く機会を設けたりしていました。

 

しかし一方で、就職する意欲がわかずに、長期間施設の利用者として在籍せざるを得なかったり、一般就労を果たしても、施設に戻ってきたりする利用者もいます。

 

みんなで作業を分担しながら、

 

その原因の一つとして、利用者の大半が心の病気で苦しんでいるという現状があります。過去のつらい経験がトラウマになり、どうしても自分に自信が持てない人が多いのです。そのため、外の世界に出ることを躊躇したり、就職した会社の就業規則や職場環境に対応できなかったり。また、失敗することを過剰に恐れるあまりに、新しいことにチャレンジできない利用者もいます。

 

実は私自身、過去に心の病気で苦しんだ経験があります。その時、そばにいた親友が外に連れ出してくれたり、話し相手になってくれたりしました。そのお陰で、比較的短い期間で回復することができたのです。

 

得意なことを活かして作業をお任せすることも。

 

イラストが得意な方も。

 

「皆さん才能があるのに、もったいない・・・。何とかチカラになりたい!」

 

今回、お呼びする予定のカウンセラーの方が、昨年単発でカウンセリングをお願いした際におっしゃっていた言葉です。そうなんです。障がいは言い方を変えると「際立った個性と才能」です。ただ、際立っているがゆえに、周りの理解やその才能を発揮できる機会や環境がなかなか整わないのが現状です。そのことを、利用者自身もある程度は理解していますし、それが苦しみの原因のひとつにもなっています。

 

現在は、少しでも自信を取り戻せる環境になるように、カウンセラーからアドバイスをもらい、花を飾ったり、お香を焚いたりしています。これだけでも、利用者の反応が違います。「これ、〇〇ていう花ですよね!」「このお香立て、うちでも使ってるんですよ」と、皆さん非常に感受性が豊かなんです。

 

しかし、やはり身近に安心して相談できる相手が必要だと思っています。前回のカウンセリングを受けた利用者からは、「あの方は、もう来てくれないんですか?」「まだ色々相談したい」という声が上がっていて、その声にどうにか応えたいと考えていました。

 

明るい雰囲気にするために花を飾ったり、

 

お香を焚いたりしています。

 

カウンセラーとの会話を通して、色々な考え方に触れてほしい

 

本来であれば、日々の生産活動のスケジュールの中で、利用者の心のケアや各種訓練も合わせて提供できると良いのですが、利用者に支払う賃金を捻出するのに精一杯で、そこまで手が回らないのが現状です。

 

今回、皆さまからのご支援で、昨年も来ていただいた女性カウンセラーの方に、まずは3ヶ月間、週に1回5時間、外部講師として来ていただけるよう依頼します。その中で、利用者と一緒に様々な作業をしてもらいながら、コミュニケーションを取ってもらいます。また希望者には、個別にカウンセリングをしていただき、心のケアのきっかけにしてほしいと思っています。

 

雑談や世間話などを通して、世間には色々な考え方があることを知ることで、自分に自信を持つきっかけを見つけてもらえれば、と思っています。そして、少しずつ事業所を良い雰囲気に変えていきたいです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
同じ事業所内で、外部の方を交えてコミュニケーションできればと思います。

 

壁を乗り越えた時の爽快感を、体験してほしい。

 

日々利用者と接していると、様々なことに気づきます。物凄い才能を持っているのに、発揮しきれない、気づいていない。やりたいことが沢山あるのに、自信を持てず一歩を踏み出すことができない。その状況を乗り越えれば違う景色が見えることはわかっていても、一歩を踏み出すことが怖いのです。

 

誰かの、ほんのちょっとしたサポートがきっかけで、一歩を踏み出せるようになることがあると思っています。今回のプロジェクトが、まさにそのきっかけになると信じています。一歩踏み出した時に見える景色の素晴らしさ、壁を乗り越えた時の爽快感を、利用者に体験してもらいたいのです。

 

過去、私自身が経験しているからこそ、強く強くそう思います。

どうか、皆さまのご支援・ご協力をお願いいたします!

 

施設長とともに、事業所の雰囲気を明るくできるよう取り組んでいきます!
支援お願いします!

 

リターンについて

 

〇利用者の似顔絵入りサンクスレター

(※画像はイメージです。)

 

〇利用者(ヨシダさん)が編んだ「編み物雑貨」

ヨシダさん

 

〇オリジナルポストカード

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)