42573d7391a7bc9dcdef39375562aa088c386c85


ベストセラーになっている、
「隷属なき道ーAIとの競争に勝つベーシックインカムと1日三時間労働」
を読みました。オランダの29歳の若き思想家、ルドガー・ブレグマン
が書いた本。20カ国で翻訳されているというからびっくりです。
新しい考えと言われるベーシックインカムが実は
1960年にニクソン大統領により実施直前までいったこと、カナダで、1970年代に世界最大規模のBI実験が実施され、
入院期間が8.5パーセントも減ったこと。メンタルヘルスが減ったこと。
新自由主義の経済学者ミルトン・フリードマンも、ベーシックインカムを推進していたこと。

エノさんのベーシックインカム国民投票後、オランダでも20箇所で、ベーシックインカムが行われているとのことで、世界が激震!という事実だったんだなと。

なるほどなと、思ったのは
「負け犬の社会主義者になるな!」という最後のメッセージ。

国は違えども、現権力に対しての反対をいうことが目的になってしまい、魅力的なビジョンを示せない日本の野党も肝に命じたほうがいい。

_____本文から

改正?もちろん賛成だ。金融部門を徹底的な整備しよう。必要なら銀行を解体し、銀行は大きすぎて潰せないという理由から納税者が、再建費用をかぶらされたりしないようにしよう。タックスヘイブンは、すべて洗い流して全滅させ、富裕層に税金を負担させる。彼らが雇う会計士には脱税の手伝いではなく、価値ある仕事をさせる。

効率?それが肝心だ。考えてみよう。ホームレスの人々に投資した金額は、ヘルスケア、警察、裁判にかかる費用が節約される結果、三倍かそれ以上になって戻ってくる?子どもの貧困が撲滅されることを想像してみよう。そうした問題を解決することは、それらの、管理に票を投じるよりはるかに効率的だ。
ーーーーーーーーーー
ノーからではなく、イエスから始まる、あらゆる層を海苔巻きみたいに取り込んでいく、革新的でポジティブなアイデア。

この映画から発信していきたい。

ところでこの映画のタイトルなんだけど

「月●万円もらったら〜お金の隷属さよなら宣言」

ってどう?
奴隷解放宣言も、強くて好きなんだけど。
新着情報一覧へ