READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
寄附型
成立

戦災で埋もれた「昭和東南海地震」の記録と記憶を後世に残したい

名古屋大学減災連携研究センター

名古屋大学減災連携研究センター

戦災で埋もれた「昭和東南海地震」の記録と記憶を後世に残したい
寄附総額
4,735,000

目標 3,000,000円

寄附者
276人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
29お気に入り登録29人がお気に入りしています

終了報告を読む


29お気に入り登録29人がお気に入りしています
2018年10月03日 08:00

本プロジェクトへの応援コメントのご紹介です!②

みんなの力で研究成果を!

 

中川 和之(時事通信社解説委員)

 

 このプロジェクトの中心人物である武村雅之教授との付き合いは、四半世紀に及びます。岐阜気象台に放置されていた古い地震計記録から、関東地震の実像を明らかにしたという研究発表に、科学記者として興味を持って取材したのがきっかけ。その後、防災教育の活動をご一緒させていただくことになったのも奇遇でした。

 名古屋大に場を移した後も、コツコツと足で歩いて人に会い、まとめるという理学者とは思えない手法に、ますます磨きがかかり、名古屋周辺に多くの武村ファンが誕生したことを知っています。多くの人に支えられて実現する「クラウドファウンディング」の研究にはうってつけのテーマです。

 私のプチ自慢は、多くの学会発表の中から武村さんの研究成果を見つけ、本人に「お前は何ものだ。広報を通せ」と嫌がられながらも、彼の研究成果を初めて記事にしたこと。残念ながら、通信社の悲哀で使ってくれた新聞社はなかったと覚えていますが(武村さんには『お前の書き方が悪い』と怒られてます)。

 「戦災で埋もれた」のは、報道がなかったからでもあります。報道に携わる私としても、このプロジェクトを自分事として支える義務があると思います。当時、大垣にいた私の母は16歳。動員されて工場で働いているところで身の危険を感じる揺れを感じたそうですが、その後は一切何も伝えられなかったという話を、このプロジェクトをきっかけに初めて聞き出しました。地震はとても怖い相手ですが、戦争はもっと怖いことも、この記録や記憶を集めていくことで分かってくるでしょう。

 いま、次の南海トラフ地震の発生が、近づいていることだけは確実です。私たちが、経験した人の悔しさを聞き取り、少しでも次への備えを充実させるために、みんなでこのプロジェクトの当事者となって、成果を後世に残しましょう。研究は、研究者だけがする仕事ではありません。みんなの力で、成果を出しましょう!

一覧に戻る

ギフト

3,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

特別企画展の紹介ページにご芳名を掲載します。

・寄附金領収書
(2019年1月末までに送付します。領収書の日付は名古屋大学に入金がある2019年1月の日付になります。)
・サンクスメール
・減災連携研究センターHP「減災館News&Topics」上の特別企画展のお知らせから,支援者のリストが記載されたPDFを掲載いたします
(ご芳名の掲載はペンネーム・辞退も可能です)

寄附者
81人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年4月

5,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

特別企画展の紹介ページにご芳名を掲載します。

・寄附金領収書
(2019年1月末までに送付します。領収書の日付は名古屋大学に入金がある2019年1月の日付になります。)
・サンクスメール
・減災連携研究センターHP「減災館News&Topics」上の特別企画展のお知らせから,支援者のリストが記載されたPDFを掲載いたします
(ご芳名の掲載はペンネーム・辞退も可能です)

寄附者
18人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年4月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

昭和東南海地震特別研究チーム報告書を進呈します。

・寄附金領収書
(2019年1月末までに送付します。領収書の日付は名古屋大学に入金がある2019年1月の日付になります。)
・サンクスメール
・減災連携研究センターHP「減災館News&Topics」上の特別企画展のお知らせから,支援者のリストが記載されたPDFを掲載
(ご芳名の掲載はペンネーム・辞退も可能です)

・昭和東南海地震特別研究チーム報告書冊子
・昭和東南海地震特別研究チーム報告書冊子の末尾にご支援いただいた方のご芳名を記載
(ご芳名の掲載はペンネーム・辞退も可能です)

寄附者
129人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年4月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

減災連携研究センター職員による減災館特別見学ツアーにご招待します。

・寄附金領収書
(2019年1月末までに送付します。領収書の日付は名古屋大学に入金がある2019年1月の日付になります。)
・サンクスメール
・減災連携研究センターHP「減災館News&Topics」上の特別企画展のお知らせから,支援者のリストが記載されたPDFを掲載
(ご芳名の掲載はペンネーム・辞退も可能です)
・昭和東南海地震特別研究チーム報告書冊子
・昭和東南海地震特別研究チーム報告書冊子の末尾にご支援いただいた方のご芳名を記載
(ご芳名の掲載はペンネーム・辞退も可能です)

・減災館特別見学ツアーの参加券
※あらかじめ複数設定された対象日の中から選んで参加いただけます。

寄附者
19人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年4月

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

昭和東南海地震特別研究チーム(仮称)報告会にご招待いたします。

・寄附金領収書
(2019年1月末までに送付します。領収書の日付は名古屋大学に入金がある2019年1月の日付になります。)
・サンクスメール
・減災連携研究センターHP「減災館News&Topics」上の特別企画展のお知らせから,支援者のリストが記載されたPDFを掲載
(ご芳名の掲載はペンネーム・辞退も可能です)
・昭和東南海地震特別研究チーム報告書冊子
・昭和東南海地震特別研究チーム報告書冊子の末尾にご支援いただいた方のご芳名を記載
(ご芳名の掲載はペンネーム・辞退も可能です)
・減災館特別見学ツアーの参加券
※あらかじめ複数設定された対象日の中から選んで参加いただけます。

・昭和東南海地震特別研究チーム報告会へご招待
(開催場所:名古屋大学減災館、2019年5月を予定)
※報告会の開催日にご都合が悪く、参加いただけない場合は、報告会当日の資料を進呈いたします。

寄附者
25人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年4月

200,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

減災館内にご芳名入りの銘板を設置いたします。

・寄附金領収書
(2019年1月末までに送付します。領収書の日付は名古屋大学に入金がある2019年1月の日付になります。)
・サンクスメール
・減災連携研究センターHP「減災館News&Topics」上の特別企画展のお知らせから,支援者のリストが記載されたPDFを掲載
(ご芳名の掲載はペンネーム・辞退も可能です)
・昭和東南海地震特別研究チーム報告書冊子
・昭和東南海地震特別研究チーム報告書冊子の末尾にご支援いただいた方のご芳名を記載
(ご芳名の掲載はペンネーム・辞退も可能です)
・減災館特別見学ツアーの参加券
※あらかじめ複数設定された対象日の中から選んで参加いただけます。
・昭和東南海地震特別研究チーム報告会へご招待
(開催場所:名古屋大学減災館、2019年5月を予定)
※報告会の開催日にご都合が悪く、参加いただけない場合は、報告会当日の資料を進呈いたします。

・減災館内に設置した銘板にご芳名を刻印(ご芳名の掲載はペンネーム・辞退も可能です)

寄附者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年4月

プロジェクトの相談をする