友人のMさんが見つけた猫ちゃんは、
どんな事故にあったのか、
左後足がブラブラとぶら下がった状態で
さ迷っていたそうです。

 

もう、その足は切るしか手立てはなく、
つい先日、何人かでお金を出し合って、
手術してもらったそうです。

もう足は戻らないけれど、
Mさんに助けてもらってよかった。

 

事情があって、
しばらくお預りすることになったジルちゃん。
幸い元気で、傷が痛む様子もなく、
少し前に手術したとは思えないほど
のびのびしたりして、びっくりさせられます。

 

足が1本なくなっていることに
まるで気づいていないみたいに
普通にしています。

 

それにしても、
捨てられた猫たちは、食べ物を求めて、
あちこちさ迷い歩くうちに
不運な事故に巻き込まれることも多いようです。


第4弾終了まで、残すところ3日となりました。

1匹でも多くの猫を助けられるよう、
頑張りますので、応援してくださいね。

新着情報一覧へ