こんにちは!!
広報班の小林聖実です。

 

突然ですが、私はALPHAに入って、初めて募金活動というものを体験しました。

現在もとても暑い中、メンバーが吉祥寺で街頭募金を行っています。
この募金活動、2時間立ちっぱなしの上に大声を出し続けて、へとへとになってしまいます…


しかしそれでも私は募金活動、嫌いではなかったりします。

それは、私たちALPHAが直接日本の方々と関わることができる機会であり、日本とフィリピンを繋ぐまさにその瞬間の連続であるからです。

 

皆様が入れて下さるお金の清らかさと重みに、私は毎回感動してしまいます。

何だか良いニュースが少ない昨今ですが、募金活動は本当に人の温かみ、善意を感じさせてくれるのです。

 

私たちを応援して下さる方、的確な指摘を下さる方、体調を気遣って下さる方、一人一人の方との出会いが、私たちの活動の励みになります。
責任を持って、このお金で絶対に学校を建てなければならないという気持ちになります。

 

日本とフィリピンを繋ぐ、その点でクラウドファンディングも同じです。

今回クラウドファンディングのプロジェクトが成功して、皆様の想いをフィリピンに届けることができることを本当に嬉しく思います。

募金とは違って、直接支援して下さる方々とお会いしている訳ではありません。


しかし、フィリピンに少しでも関心を持って下さった方がいて、応援して下さる方々がいて、想いが詰まったお金があって……
募金と同じ感動を今、感じています。

 

ALPHAという団体名の由来の一つに「私にできるプラスアルファなことをしていく」という決意があります。


自分たち49人が世界にできるプラスアルファなことでは、限界があります。
だからこそ、私たちは日本の人々がフィリピンの人々に「プラスアルファなこと」を届ける架け橋でもありたい。
その願いに近づいているような気がして、嬉しいのです。

 

しかし同時に、責任が生まれるのも事実です。
気を引き締めて、絶対に学校建設が成功するよう努力をしていきます 。
そして、子供たちの最高の笑顔と良い報告を皆様に届けられるよう、全力を尽くします。

 

ご協力下さった方、心より感謝を申し上げます。
しかし、まだまだプロジェクトは続いております。
引き続き、ご支援、ご協力、よろしくお願い致します。


東京外国語大学2年
広報班6期
小林聖実

 

新着情報一覧へ