READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

フィリピンに教室を建設し、子供たちの教育環境を整えたい!

学生NGO ALPHA

学生NGO ALPHA

フィリピンに教室を建設し、子供たちの教育環境を整えたい!

支援総額

254,000

目標金額 200,000円

支援者
37人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
4お気に入り登録4人がお気に入りしています

4お気に入り登録4人がお気に入りしています
2015年07月30日 10:06

メンバーの想い その11

こんにちは、ALPHA6期の佐藤佳です。

 

皆様のご協力のおかげで、目標金額である20万円に達成することが出来ました!本当にありがとうございます!
目標達成の嬉しさと同時に、私たちの活動を多くの方に知っていただき、ご理解・ご協力していただけた嬉しさでいっぱいです。

 

しかし、私たちの活動はここからです。皆様からのお気持ちをフィリピンの子どもたち、そしてプグハナン村の方々にも伝える義務があります。今年の夏、責任を持って行って参ります。


突然ですが、私たちALPHAが支援の上で大切にしていること...ズバリ「継続性」です。

一回や二回の支援では、十分な学習環境を整えることは難しい。私たちは、支援先には何度も足を運び、子どもたちが安心して学習できる環境が整うまで支援を続けます。


実は、私は今年の春、ある男の子と再会しました。

 

去年の夏、私は体調を崩してしまって、他のメンバーが授業を行っている中、1人で心細く休んでいました。そんなとき、そこに1人の男の子がやってきて、現地の言葉で何やら話しかけてきます。

 

もちろん、現地語は少ししか理解できないので、うまくコミュニケーションはとれません。でも、なかなかその場を離れようとしない男の子。「心配してくれているのかな...?」勝手にそう解釈した私はカメラを取り出し、その子の顔を忘れないために写真を撮りました。

 

そして、春。


写真を頼りに、先生方や子どもたちに協力してもらい、その子を探していると...ついに再会することができました!そしてその写真とともに感謝の気持ちを伝えることができました。

その子が私のことを覚えていたかどうかは...微妙でしたが(^^;)


支援を継続していくと、たくさんの再会が起こります。
逆に、再会するために、支援を続けていくのかもしれません。
大切な人々にまた会えると思うと何でも頑張れる...というのは、誰にでも当てはまることではないでしょうか。

 

子どもたちが安心して、安全な環境で学習ができるようになるまで、ALPHAにできる最大限の支援をし続けます。
そして、支援を続けていくことができるのは、紛れもなく多くの人のご協力のもとに成り立つものであることを、私自身このプロジェクトで改めて認識しました。

 

これからもALPHAに興味をもち続けていただき、ご協力していただけたら嬉しいです。

 

ALPHA WS班 6期
東京外国語大学言語文化学部ロシア語専攻 2年
佐藤 佳 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

・お礼の手紙

支援者
27人
在庫数
制限なし

10,000

06d1687da54f2370ef523b9574eddc48d17f3104

・お礼の手紙
・ポストカード(3種)
・フォトブック

支援者
8人
在庫数
制限なし

30,000

Bb427c7266de63e85a39f22d14ad94169224efad

・お礼の手紙
・ポストカード(3種)
・フォトブック
・LOOB(現地NGO)の製品(2品)

支援者
3人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする