こんにちは。今日もこの新着情報を見て頂きありがとうございます。

土田です。

 

今回も私の個人的な話ですみません。

 

実は私は本当に手芸が苦手で、縫い物はボタン付け裾上げ簡単な繕いがなんとなく出来てるレベル、編み物に至ってはチャレンジするたび指が吊りそうになり投げ出してしまうような状態です。

 

数人の友人が子供ができて始めた編み物で可愛いものを作ってあげているのを見たりすると、子供ができても出来るようになるまでやれない私はダメだなぁと凹むことも。

 

かといってそんなに悩んでいたわけではないつもりだったのですが、きっと何度も同じような話を言って聞かせたんでしょうね。夫が「(私)のできることをやればいい」と言ってくれたことがあって、それが少し気持ちを楽にしてくれました。(逃げ道とも言えますが(・・;))

 

私は結婚前、印刷会社でDTPオペレーターとして働いていました。

DTPオペレーターとは様々な印刷物のデータをパソコンを使って作る仕事です。

グラフィックデザイナーと名乗って仕事をもらうほどの力量はありませんでしたが、自分でデザインから作る仕事もほんの少しだけさせてもらうこともありました。

 

そういった経験を活かし、手芸はできないけど、記念の時に写真のデコレーションやフォトブックを作りそういうものを子供に残していこうと決めました。

 

今、Nicoの活動でも、チラシを作ったりしています。

忙しくなり大変なこともありますが、仕事を辞めてから私的なこと以外に活かせたことがなかったので、色々な資格や特技を持つメンバーの中で自分の経験も力になっていると感じると嬉しくもあります。

 

なかなか家で子供と過ごしながらパソコンに向かう時間を作るのが難しくもどかしく思うこともありますが、頑張っていきたいと思います。(無理のない程度に 笑)

 

 

このプロジェクトも残り8日となりました。

最後まで頑張っていきますのでどうか皆さまの応援をよろしくお願いいたします。

新着情報一覧へ