プロジェクト終了報告

2016年07月30日

絵本『二ジェール物語』、2016年8月1日発売開始!

「サハラ砂漠で生まれた『ニジェール物語』の絵本を出版したい」

私たちのプロジェクトにご支援いただいた皆さまへ。

 

2016年7月28日、絵本『ニジェール物語』の発売に先がけて、

出来上がったばかりの絵本が手元に届きました。

とても美しく感慨もひとしおでした。

8月1日(月)より、いよいよ発売開始となります。

ご支援くださった皆さま、本当にありがとうございました。

心より、お礼を申し上げます。

 

 

当初は7月初旬に出版予定でしたが、

約1か月、延びてしまったことをお詫びいたします。

作画のイヌイマサノリ氏が想像の翼を大きく広げて素晴らしい絵を25枚も

描いてくださったこともあり、

A4版全32ページの予定が、全40ページと大幅にページ数が増しました。

結果、より豊かなイメージに満ちた絵本になったと思っています。

 

 

28日には、多数の方にお集まりいただき、

出版記念パーティを大阪で開催しました。

原作のフクダヒデコ氏、作画のイヌイマサノリ氏、装丁の松井桂三氏に

絵本出版に至るまでの熱い思いや苦労されたことなどを

インタビューを通して語っていただきました。

 

 

なお、ご支援いただいた1,102,000円については

印刷費用として100万円、残り102,000円は印刷入稿データ制作費の一部として

使わせていただきした。

 

ご支援のリターンに絵本を選ばれた皆さまには

8月中に、順次送らせていただきますので、

楽しみにお待ちいただければと思います。

また、出版記念パーティへご来場いただいた支援者の方には、

直接お渡しすることができ、うれしかったです。ありがとうございました。

 

私たちニジェール物語製作委員会は、絵本ができ上った今が、

新たな活動の出発地点だと思っています。

次の1年のプランとしては、紙芝居動画をニジェールの子どもたちが学んでいる

寺子屋で上映することです。絵本で使用したイラストに、

公用語のフランス語や現地語のザルマ語の朗読を入れて編集します。

さらに、日本語版の収益が得られるようになったら、

フランス語、英語、ザルマ語の翻訳絵本を出版していけたらと思っていますし、

映像化へのトライも続けていく予定です。

 

引き続き、皆様の応援を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 

ニジェール物語製作委員会

田口淳子