プレゼンのプロを自認するボクが、視覚に過度に依存している事実を知りました。 そして、世の中の価値観もほとんどが視覚で形成されてる事実。

テクノロジーは、視覚を中心に進化を続けてきました。GUI、VFX、VR・・・。 その「視覚」そのものを持ったことのない人物が、いかにして「視覚の娯楽」である映画を撮影するのか。そして視覚に過度に依存して生きてきた私がそれをどう受け止めるのか。やや恐れにも近い興味が湧き上がってきます。

 

 

澤円(日本マイクロソフト テクノロジーセンター センター長)

生命保険のIT子会社勤務を経て、1997年、マイクロソフト(現日本マイクロソフト)に転職。情報共有系コンサルタントを経てプリセールスSEへ。

2011年、マイクロソフトテクノロジーセンター センター長に就任。

2015年より、サイバークライムセンター日本サテライトの責任者も兼任。

2014年、日本アンガーマネジメント協会公認ファシリテータとなる。

2015年、シニアファシリテーターに昇格。

著書:「外資系エリートのシンプルな伝え方」「マイクロソフト伝説マネジャーの世界№1プレゼン術」