1月30日(土)、川崎市中原区、中原市民館・かわさき市民活動センター全館を使って開催された「ごえん楽市(かわさきボランティア・市民活動フェア)」は、年に一度の市民活動見本市です。

 

今回は75団体が、91の企画・パネルで活動を紹介、たくさんの来場者と話し、パネル展示や体験企画などで、活動の目的や大切さを伝えました。

 

ごえん楽市 パネル出展会場
川崎市のNPO応援キャラクターは子どもたちに大人気。一緒に写真をとる親子が目立ちました。
工作を通して、エコや高齢者見守りについて自然に学びます。
スタンプラリー(アンケート、クイズ、ゲームなどでシールがもらえます)
スタンプラリーゴール 好きな景品と交換!
こわれたおもちゃを修理してくれるおもちゃ病院も参加
楽器の演奏体験つきの演奏会
健康体操でリフレッシュ
最後は出展団体とボランティアスタッフ、職員で交流会

 

自分たちでインターネットを活用した情報提供を積極的にできる団体はまだ少なく、「応援ナビかわさき」での発信でサポートしています。ご支援をよろしくお願いいたします。

 

新着情報一覧へ