プロジェクト終了報告

2018年08月07日

鮎川駅周辺整備事業クラウドファンディング終了しました


大変お礼が遅くなりましたが、2月1日にスタートした「子どもたちのドキドキ・ワクワクを美術館に導くオリジナルおもちゃ駅をみんなで造ろう」のクラウドファンディングでの資金調達は締切日の4月24日には目標達成額を大幅に上回る

5,285,000円が集まり無事完了することができました。

 

これは、ひとえにご支援いただいた皆様のご協力によるものと、由利高原鉄道社員はもとより、鳥海山木のおもちゃ美術館の皆様、ご指導いただいいた東京おもちゃ美術館様、地元の由利本荘市ともども大変嬉しく思っております。改めてご協力いただいた皆様に御礼申し上げます。
 

あゆかわえきおもちゃのまちあいしつ

 

なかよしこよし号

 

なかよしこよし号 車内

 

 

ご協力の内訳は以下の通りでございました。

3千円支援    85口 感謝状
1万円支援 333口 こけし駅長室・鳥海山木のおもちゃ美術館入館券
3万円支援  15口 こけし駅長室・3館共通入館券・カフェ割引券
5万円支援   3口 こけし駅長室・3館共通入館券・カフェ割引券・

           フォレスタ鳥海宿泊割引券 

10万円支援  5口 こけし駅長室・3館共通入館券・カフェ割引券・

           フォレスタ鳥海宿泊割引券・ヘッドマーク 

30万円支援  2口 こけし駅長室・3館共通入館券・カフェ割引券・

           フォレスタ鳥海宿泊割引券・貸切列車1往復

 

返礼品のなかで最も希望が多かったのは上記の「こけし駅長」でした。

フォレスタ鳥海宿泊割引券、ヘッドマーク、貸切列車につきましては、事前に由利高原鉄道までご連絡ください。

皆様からお預かりした支援額は、おもちゃ駅の設計・施工費用及び返礼品及び送料において全額使用させていただきました。

返礼品の発送に関してましては、こけしの制作が当初予定より約1ヶ月遅れ、こころ待ちにされていた皆様に大変ご迷惑をおかけしました。6月下旬より原則として申し込み順に発送作業を行い、約1ヶ月かかり7月末までに全ての皆様に返礼品をお送りしゅることができました。発送が遅れたことをあらためてお詫びいたします。

今回は皆様のご協力により、無事目標を達成してプロジェクトを終了することができました。由利高原鉄道としては初めてのことでもあり、不慣れであったため皆様にご迷惑をおかけした点も多々あったかと思います。ノウハウとして蓄積いたしましたので、次回何かを行う場合はよりわかりやく皆様が支援可能な体制をとってとりかかりたいと思いますので、その際は今回同様暖かいご支援をよろしくお願いいたします。