お早うございます。松竹大谷図書館の武藤です。

 

昨日、デジタル撮影のため、当館が所蔵する「組上燈籠絵」のインフォマージュへの搬出が行われました!皆様からお寄せ頂いたこの第5弾プロジェクトへの温かいご支援により、いよいよデジタル化への作業に取り掛かることが出来ます。松竹大谷図書館スタッフ一同、厚く感謝申し上げます。

 

今回のプロジェクトにより「組上燈籠絵」につきましては、
(1)貴重な資料をデジタルアーカイブ化し後世に伝えること
(2)復刻版の印刷を行い、実際に当時の遊び方を現代に蘇らせること
(3)デジタルアーカイブ化の後Web公開を行い資料を活用すること
の3点を実現していき、皆様のご厚意に添いたいと存じます。

 

今後、「組上燈籠絵」に関する作業は、まずインフォマージュでデジタル撮影が行われた後、復刻版印刷の作業を杜陵印刷で進めて頂きます。また「組上燈籠絵」のアーカイブのデータベース構築及びWeb公開の作業は、これまで、クラウドファンディングのご支援でデジタル化を進めた「芝居番付」「GHQ検閲歌舞伎台本」の検索閲覧システムでもお世話になっている、立命館大学アート・リサーチセンターへお任せします。また、「組上燈籠絵」原資料は、撮影作業終了後にインフォマージュで中性紙に挟んで頂き、今後はより保存に適した環境で保管する予定です。

 

作業の進捗は、これからもこの新着情報でお伝えしてまいります。

 

梱包・搬出作業の様子です。

梱包用の薄葉紙の準備です

 

リストと照らし合わせてチェック

 

薄葉紙に包んだ「組上燈籠絵」です

 

梱包用の箱に詰めていきます

 

「組上燈籠絵」がズレないように隙間にも薄葉紙を丸めて詰めます

 

きれいに箱詰めされて出発です!

 


 

新着情報一覧へ