皆様、おはようございます!寒暖差が激しい毎日ですが、如何お過ごしでしょうか。

.

クラウドファンディングの目標額を達成し数日が経ちますが、更なるご支援を頂き現在112万3千円のご寄付が集まっています。ご支援を頂いた皆様、本当にどうもありがとうございます。109名もの方に応援して頂き、団員一同感謝すると共に、支援の輪の大きさに内心驚いているところでもあります。

.

さて今日は、今回のツアーでOrchestra MOTIFがオックスフォード大学オーケストラと共にアジア初演します『金繕い(Golden Repair, 2016)』の作曲者であるグレイス エヴァンジェリン=メイソンからのメッセージを紹介したいと思います。
.
グレイスは2013年BBC Proms Young composer competition で優勝するなど、今イギリスで最も注目されている若手作曲家の一人です。現在はオックスフォード大学に在籍し、研究を深める傍ら積極的な音楽活動を展開しています。

.

このプロジェクトでは、こうした音楽を通じた若者同士の交流を積極的に行い、両国の絆を作っていくことを目指しています。

.

<メッセージ>

「この度は、私の作品「金繕い(Golden Repair, 2016)」が、オックスフォード大学オーケストラ(OUO)と日本のオーケストラMotifにより日本で演奏されることを、とても光栄に思っています。この作品は、壊れた陶器を、金を使って修復する「金継ぎ」にインスピレーションを受けています。この芸術的修復技法は、それがまるで自然に生まれたかのような独特で繊細な金のつなぎ目を陶器に施します。私の作品の冒頭では、それを模したはかない緻密な旋律が暗闇から立ち上り、その波のように折り重なる線は、それが陶器が割れる瞬間のように突然中断されるまで、徐々に積み重ねられていきます。そしてその破壊の先には、継続的で色彩豊かな音響世界が待っています。それは、陶器が破壊を経てより美しいものになる、さらには、オブジェクトの破損を、そのものの破壊というよりはむしろその物体の歴史の一部として賞賛するというこの修復芸術の哲学を表しています。今回OUOが、「金繕い」を、この作品のインスピレーションの源となった芸術を生み出した日本に持っていってくれること、そしてこの素晴らしいチャリティープロジェクトの一端を担えることを、とても嬉しく思っています。」
————-
[Message from Grace-Evangeline Mason]
I am really pleased that Oxford University Orchestra and Japanese Orchestra MOTIF are performing my work 'KINTSUKUROI: (Golden Repair)' (2016) on their tour to Japan. The piece is inspired by Kintsugi art in which broken pottery is mended back together with gold instead of glue. This creates individual, fragile golden seams across the pot as they naturally occurred. In the piece, fleeting and delicate lines encircle the opening above a dark, undulating texture that builds until it suddenly breaks, which resembles the shattering of the pot. Growing out of this, a constant and iridescent soundworld is created to reflect the philosophical significance that is often associated with the artwork; the pot has been made more beautiful for having been broken, which celebrates the breakage as part of the object’s history rather than as part of its destruction. I am very excited that OUO are bringing this piece to Japan, which is very much the inspirational heart of the work, and that I can contribute to this wonderful project in this way.

 

 

 

新着情報一覧へ