初めまして、永野明日香と申します。

私も永井由美さん達のLINKを応援しています!

私は、横須賀でLife & ピラティス “WA(わ)” という子連れOKのピラティス教室を主宰しています。https://ameblo.jp/life-and-pilates-wa/

家族のことで忙しく、ついつい自分のことは後回しにしがちなママ達がピラティスを通じてご自身の体のケアをしたり、子ども連れでもリラックスして楽しめる場を増やしたい!そんな想いで立ち上げたお教室です。

 

ママになってみると、本当に日々ってあっという間に過ぎてしまいます。

特に、子どもが小さい時は。

豊かな自然やのどかな雰囲気が大好きな地元ではあるけれど、

正直、子育て環境が充実しているとはいいがたい横須賀。

特に子育て世代が集まる地域でもない限り、少子化・シニア世代の多い現代では、公園に行っても他のお子さん&ママさんに会うことも少なく、意外と孤独です。

「気づいたら今日も子どもとしかしゃべっていなかった…」

「子どもじゃない誰か大人と話がしたい…」

子育てあるある…な気がします。

 

我が家は上の子が1歳半~第2子出産を含め、4年近くパパさんが単身赴任でした。

毎日をこなすのに必死で、過ぎてしまったら細かな記憶が飛んでしまっている感じです。

幸い、両方の両親の近くで、様々なお手伝いをお願いしてはいましたが、今のシニアはお友達と出かけたり、自分の趣味や運動…と、とっても元気で忙しい。子どもや自分の通院のため、幼稚園行事…等なら頼めるのに、自分の楽しみのために両親を頼るのは気が引ける…

 

子どもの健診の際に保健師さんに、「一時保育等でリフレッシュして!」とも言われましたが、当時の私には『自分の息抜き』のために、「子どもに寂しい思いをさせてしまいそう…」、「公的機関に頼るなんて…」となんだかハードルが高く感じて、どうしてもその1歩が踏み込めませんでした

 

でもその時、横須賀にLINKさんが作ろうとしている、「子どもも楽しい&ママも安心してくつろげる」こんな親子サロンがあったらどれだけ救われただろう…心底そう思います。

 

でも、子育ってその時は必死でも、時とともにその大変さをつい忘れがち…

(我が家もパパさんが帰ってきて、子ども達も少しずつ成長して幼稚園や小学校に通うようになるとだんだんと、当時の大変さを忘れてしまっているかも…)

 

そんな時に、LINK代表の永井さんより、

「3人目の子育てをしてみて、残念だけど、状況は1番最初の子の時と変わっていない。いつまでも変わらないことを嘆いているだけでなく、これから子育てをするママさん達に、少しでもよい環境をつくっていきたい!今私たちが頑張らないと、この先のママさん達が同じ思いをしてしまう!」…と聞いた時に、「同じ想いをもつ人がいた!」と鳥肌が立って、感動したんです。

 

ママが気兼ねなく息抜きして笑顔になれたら、家族もきっとより幸せになれる。そう思っています。だから、ぜひ早くこんな素敵な場ができたらいいな…と心から願って、彼女とLINKの挑戦を応援しています。

 

新着情報一覧へ