READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
寄附型
成立

宇宙開発の未来のために!宇宙ゴミ観測人工衛星打上げへの挑戦!

宇宙開発の未来のために!宇宙ゴミ観測人工衛星打上げへの挑戦!

寄附総額

2,574,000

目標金額 2,000,000円

寄附者
149人
募集終了日
2018年9月28日
149人 が寄附しました
プロジェクトは成立しました!
18お気に入り登録18人がお気に入りしています

終了報告を読む


18お気に入り登録18人がお気に入りしています
2019年05月17日 14:52

【姿勢系】姿勢推定プログラムの勉強と作成

 

こんにちは,姿勢系の松下悠里です.

 

現在,Q-Liの姿勢推定プログラムを2種類作っています.

 

①拡張カルマンフィルタ 

「フィルタ」とは「与えられたものの特定成分を取り除くこと」です.日常生活でもよく使う言葉ですよね.カルマンフィルタは,人工衛星などのシステムで観測されたノイズ(雑音)を含むセンサの値から,求めたい量を推定するために用いられます.拡張カルマンフィルタは,カルマンフィルタ の中でもよりシステムが複雑な(専門的には非線形と言います)場合に使われます.

 

ひとまず,真値は適当な値を入れて,解析してみました.下のグラフは姿勢の推定値と真値です.

また,これは推定値と真値の誤差です.

この結果から,約1%の誤差で推定できていることを確認しました.うまくいっています!

 

②Davenport's q-method

①拡張カルマンフィルタはある時刻の量を推定する際に,1つ前の時刻の量を使って,一つずつ,順番に推定していきます.これを逐次処理と言います.それとは反対に,まとまったデータから姿勢を推定する手法をバッチ処理と言います.これは即時性のない場合に有効な処理の仕方です.バッチ処理による姿勢推定手法として,Davenport's q-methodという手法を導入して現在プログラムを作成しています.だいたい7割くらいはできています.

 

①②も現在は実際のセンサではなく,モデルを使っています.ここに実際のセンサデータを代入する必要があるので,姿勢のセンサの基盤を早めに作って,次回の担当日に報告します!

 

 

一覧に戻る

ギフト

5,000

alt

【未来の宇宙開発を担うQ-Liを応援!】

◆寄附金受領証明
◆お礼のメッセージ

寄附者
37人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

10,000

alt

【未来の宇宙開発を担うQ-Liを応援!】報告書付き

◆寄附金受領証明
◆お礼のメッセージ
◆研究開発報告書

寄附者
56人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

30,000

alt

【未来の宇宙開発を担うQ-Liを応援!】メンバーご案内の天体観測会へご招待

◆寄附金受領証明
◆お礼のメッセージ
◆研究開発報告書
◆研究室メンバーがご案内する天体観測会へのご招待

寄附者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

50,000

alt

【未来の宇宙開発を担うQ-Liを応援!開発現場への見学会ご招待

◆寄附金受領証明
◆お礼のメッセージ
◆研究開発報告書
◆研究室メンバーがご案内する天体観測会へのご招待
◆開発現場への見学会ご招待

寄附者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

100,000

alt

【未来の宇宙開発を担うQ-Liを応援!】試作機・衛星本体へのお名前

◆寄附金受領証明
◆お礼のメッセージ
◆研究開発報告書
◆研究室メンバーがご案内する天体観測会へのご招待
◆開発現場への見学会ご招待
◆試作機・衛星本体へのお名前記載

寄附者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

300,000

alt

【未来の宇宙開発を担うQ-Liを応援!】試作機・衛星本体へのお名前

◆寄附金受領証明
◆お礼のメッセージ
◆研究開発報告書
◆研究室メンバーがご案内する天体観測会へのご招待
◆開発現場への見学会ご招待
◆試作機・衛星本体へのお名前記載

寄附者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

1,000

alt

学生限定【未来の宇宙開発を担うQ-Liを応援!】

◆寄附金受領証明
◆お礼のメッセージ

※こちらは学生限定のリターンとなります。

寄附者
41人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年3月

プロジェクトの相談をする