自分の体形に合わせてシートや、操作系をセッティングします。

 

シートは足と腕に無理が掛らず、素早い操作ができる位置にセット。
シートは高さだけでなく、角度も調整して良い位置に合わせて行きます。
 

ハンドルとペダルの位置をシートで合わせて行くとサイドブレーキの位置がちょっと後ろ過ぎました。

 

ヴィッツの時に作っておいた延長レバーを取り付けます。

これで、問題解決。

 

無理のない位置で手を伸ばせばハンドルもシフトレバーもサイドブレーキも操作出来ます。

 

こういった一つ一つの気遣いで、優れたパフォーマンスは生まれるんですね。

新着情報一覧へ