プロジェクト概要

霊芝栽培の植菌から収穫までを一貫して行う体制を整えたい

 

はじめまして。特定非営利活動法人いなかンわ 代表理事の北原といいます。昨今、地域高齢化が問題となっておりますが、何よりも健康であることが重要であるという考えから宇佐市において15年前から有志により霊芝の栽培が行われてきました。NPO法人いなかンわでは3年前よりその事業を協働する形で活動しております。

 

これまで個々に菌床木を仕入れ、栽培してきておりましたが、このたび業者からの委託栽培をすることとなり、品質の均等化、コストダウンを鑑みて、栽培地を一か所に集約し、一貫生産することとなりました。今回のプロジェクトでは、霊芝栽培の植菌から収穫までを一貫して行う体制を整え、実施いたします。

 

しかし現在、霊芝栽培木の殺菌のための窯を購入するための費用が不足しています。皆様のお力をお貸しいただけないでしょうか!

 
(原木の伐採作業)
 
 

霊芝はキノコの一種であり、長い歴史のある高級な漢方薬として扱われてきましたが、近年栽培法の確立によりより身近な健康素材となりつつあります。霊芝は免疫力を高めるといわれ、近年研究も進み注目されている健康素材です。病にかかる前の健康ケアは予防医学といわれ、特に高齢者にとって日々健康に過ごすためには大切なことと考えます。つきましては、仕込み(植菌)までの設備を整えるための不足分資金調達に何卒お力添えをいただきたく思っております。

 

(収穫間近の霊芝)

 

 

居住民の生活の向上に寄与することを目的として活動しています

NPO法人いなかンわでは、地域に対して、資源と人材を活かし、環境整備・特産物の育成・観光資源の開発・イベントの開催等により、短期・長期に通行・流入する人口の増加を進めると共に居住民の定着等を図るなど、地域の活性化に関する事業を行うことにより、居住民の生活の向上に寄与することを目的として活動しています。農山村漁村又は中山間地域の振興を図る活動として、霊芝栽培の他にも、里山整備や大豆栽培などもしています。

 

(耕作放棄地を利用して栽培します。)

 

 

健康素材の栽培着手や耕作放棄地の整備などにも広がり、地域の活性化・健康増進に貢献

 

窯を購入することができ、栽培地を一か所に集約し、一貫生産することができるようになりスタートを切ることが出来れば雇用も創出され、また他の健康素材の栽培着手や耕作放棄地の整備などにも広がり、地域の活性化・健康増進に貢献できるものと確信しております。

 

(路地栽培では害獣の侵入を防ぐためにネットを張ります。)

 

 

皆様のご支援お願い致します!

 

【引換券について】

■サンクスレター

 

■HPにお名前記載

 

■霊芝茶

 

■大分県の特産品