READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

北タイ、ラフ族ローチョ村に水道を引き、植林活動を発展させたい

小松光一

小松光一

北タイ、ラフ族ローチョ村に水道を引き、植林活動を発展させたい
支援総額
805,000

目標 760,000円

支援者
60人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2014年09月06日 07:56

コーヒーのことなど①

 以前、スペインのガリーシァ地方に行った。ガリーシァはポルトガルの北に位置する、ひなびた村である。そこに小さなコンミューンのようなものをつくり、有機農業をやっている人たちがいた。村に泊まった時、小さな直売所みたいなところでコーヒーを買った。「カフェ・リベルディア」というやつだ。「自由という名のコーヒー」だろうか。絵にスペイン系の農夫の夫婦がうつってコーヒーの木にはハトが飛んでいる。メキシコかグァテマラだろうか、2000年以後にちがいない。2000年、べトナムの安いコーヒーが市場に殴り込みをかけ、コーヒー相場は破壊した。小さな生産者は直ちに崩壊した。 それを支えようとしたフェアトレード運動がヨーロッパ各地に生まれた。貧困、貧困が重なった。小さな生産者たちは条件の不利な高地での手作業なのだ。だがこの不利な条件のなかから、標高1200m前後の畑でプレミアムコーヒーが生まれたのだ。在来種のアラビカ種だ。このアラビカ種の高地で栽培された手摘み、有機のものがプレミアムコーヒーである。少し高い。よく考えてみれば、北タイ・ラフ族の人々がつくるコーヒーも同じものである。世界はつながっている。
一覧に戻る

リターン

3,000

・サンクスメール
・ローチョ村絵葉書セット(村の生活文化を紹介する絵葉書5枚セット)

支援者
26人
在庫数
制限なし

10,000

・サンクスメール
・ローチョ村絵葉書セット
・「北タイの焼畑とラフ族・ローチョ村」小松光一著:中国雲南省からビルマを経て移り住んでいる山岳少数民族、ラフ族の歴史や、焼畑をやめアグロフォレストリーに取り組むローチョ村についての冊子
・森のコーヒー1袋(ローチョ村の森で育ったコーヒー、フェアトレード商品200g入り、コーヒーは、豆 or 粉)

支援者
34人
在庫数
制限なし

30,000

・サンクスメール
・ローチョ村絵葉書セット
・「北タイの焼畑とラフ族・ローチョ村」小松光一著
・森のコーヒー3袋

支援者
6人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする