試験仕込み①は麦芽の層の形成がいまひとつで1トン仕込みにむけ課題が多く残りました。

今週は今季最後となる仕込みが始まりました。来季の製造計画をたてるうえで非常に重要な仕込みになります。


今回は先週の反省を踏まえ5日間でできる限りの準備をしました。

 

・撹拌機にインバータを入れスピードを可変にしました。
・プロペラの位置変更と撤去をしました。
・静置時間を増やしました。
・レバー操作をより慎重に行いました。

 

結果は現在のところ大成功です!
今までで最高の透明度の高い麦汁が取れました!

非常に透明度の高い麦汁が得られています。

発酵についても現在アルコール度数も7.5%と順調で、このままいけば週末には今季目標にしていた1トン仕込みにめどがつけられそうです。

そうすれば、増産と樽オーナーの追加についても前向きな結論が得られると思います。よろしくおねがいいたします。

麦の生育も順調です。厳しい冬を乗り越えられれば。
新着情報一覧へ