おはようございます。

たくさんのご支援ありがとうございます。


ご質問をいただく中で、

「ビジネスとして成り立つのですか?」

というご質問をいただきます。

今現在その努力をしているところです。

私はこう考えています。


災害はないにこしたことはありません。

ない方がいいことに対して、365日それのみを仕事にすることは、

費用がかかりすぎます。

民間のビジネスですので、災害時以外は、他の仕事にも取組みます。

また、通常時から災害時につながるような仕事をすることによって、

災害発生時にスムーズに仕事に取り組めるようにしています。


災害時には、料金をいただくことによって、

個々に応じた活動を恒常的に行えるようにします。

ただ、料金についてもできるだけ被災地以外の方からの依頼で

いただく形が望ましいと考えています。

家族、親族、友人、知人を支援するために、

募金ももちろんいいのですが、

災害救助人 という選択肢もいかがでしょうか、ということです。


料金が高くならないように、

普段から装備品の購入、整備、訓練、準備などができるように、

法人・個人からの広告スポンサーをお願いしております。


人手という問題では、現在は一人ですので、

災害時、一度に多くの活動を行うのは、難しい面もあります。

ご連絡をいただいた順番に、また、人命にかかわるものは優先して、

取り組んでいきます。


ビジネスとして確立していけば、人員も増やします。

その場合でも、同様のシステムを考えていますので、

法人化しても、通常時の仕事、災害時の仕事をそれぞれ行い、

広告スポンサーをお願いしながら、活動の幅を広げていけたらと

思っております。

新着情報一覧へ