READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

    絶滅危惧種の鳥、クロツラヘラサギを救い、守り続けたい!

    絶滅危惧種の鳥、クロツラヘラサギを救い、守り続けたい!

    支援総額

    254,000

    目標金額 1,000,000円

    支援者
    24人
    募集終了日
    2014年10月30日
    募集は終了しました
    4お気に入り登録4人がお気に入りしています
    このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

      4お気に入り登録4人がお気に入りしています

      プロジェクト本文

      実績のある鳥類繁殖部の鳥小屋の屋根を修理するプロジェクト

       

      はじめまして!こんにちは!朝鮮大学校経営学部4年生の任大剛と申します。今回絶滅危惧種クロツラヘラサギを人工繁殖できる鳥類繁殖部の鳥舎の屋根の修理を行います。本鳥舎は、建設から30年という年月が過ぎたために、屋根や鳥舎側部の金網、人工孵化や育雛を行う作業室も古く老朽化しています。

      度重なる修理にも関わらず風雨の影響もあり,鳥類の飼育環境及び研究環境が年々悪くなっています。

       

      修繕費が100万円足りません。これらの改善のためにも支援をいただきたい所存です。よろしくお願いたします!

       

      (友達と一緒にクラウドファンディングを共同研究している様子)

       

      クロツラヘラサギという絶滅危惧種として知られている鳥の人工繁殖研究

      を行うために、修理が必要とされる

       

      朝鮮大学校の鳥舎は1982年に当時の学生有志らによって建設されました。
      30年以上の歴史を誇る我が鳥舎ではこれを運営管理する鳥類繁殖飼育研究サークルの学生たちの手によって小型~大型インコ類, カモ類, フラミンゴ, ツル類, ワライカワセミやフクロウなどの猛禽類,そしてクロツラヘラサギやシロトキを含むトキ類など約80種あまりの鳥類が飼育され、多種多様な種類の人工孵化と人工育雛、飼育繁殖に成功し貢献してきました。
      特にその中でも近年において力を注いでいるのが、絶滅危惧種としてその種の保全が危ぶまれているクロツラヘラサギの人工繁殖研究です。

       

      (我が鳥舎で育てたクロツラヘラサギ!!)

       

      世界初の人工繁殖にも成功している、実績のある研究


      現在クロツラヘラサギは世界に約2000羽だけが確認されており、日本,朝鮮半島,中国,台湾,香港などに生息しています。朝鮮大学校の鳥舎には、1987年に朝鮮民主主義人民共和国で繁殖したヒナ2羽が送られてきたのをきっかけに、1989年から多摩動物園との共同研究をスタートし1994年に世界初の人工繁殖に成功しました。現在、本校鳥舎では7羽のクロツラヘラサギの飼育と多種多様な鳥類を一緒に飼育し観察を行っています。

       

      (鳥類繁殖部部員でありプロジェクトメンバーの

      朴潤美さんが鳥達に餌を与えている様子。)

       

      鳥類繁殖部と私の夢を叶えようと、立ち上げたプロジェクト

       

      私が実質的に鳥類繁殖部と関わりを持ったのはごく最近のことです。前々からクラウドファンディングを研究していて、クラウドファンディングを活用して誰か困っている人を助けたいと日々思っていました。そんな時に同じ大学の鳥類繫殖部が鳥舎がボロボロで修理したいのだが資金が足りずに困っているというのを聞き、歴史と実力のある鳥類繫殖部を守ろうと思いこのプロジェクトの実行に踏み切りました。「貴重な鳥たちに、生命に快適な空間を与えたい」という鳥類繁殖部の夢と「人の役に立つ」というつたない私の夢を叶える為のプロジェクトが今回のプロジェクトになります。

       

      (鳥達の住む鳥舎。写真で見てもらうとわかるようにボロボロ・・・。)

       

      鳥たちにとって、屋根は必須

      より良い環境を提案することが鳥類繁殖部としての義務


      今回のプロジェクトでは主に屋根の修理を行いたいです。というのも今までは何か雨漏り等問題が起きた場合は、自分たちでどうにかこうにか直してきました。しかし30年という月日が流れ、それももう限界です。鳥達にとって屋根は雨風をしのぐための重要なファクターです。生き物を飼育する以上、その生き物たちにとって快適な環境を用意するのは飼育舎の義務であると考えます。そのために屋根の修理は必要不可欠なのです。生き物たちにとって良い環境を作り上げ、私達にとっても良い研究環境となる。鳥舎の屋根を修理できたのなら今までより確実に良い成果を上げることができます。

       

      (自分たちでどうにか直してきた屋根。どうにか今回完璧に修理したい!!)

       

      鳥の繁殖が国と国を結ぶ架け橋へ

       

      「鳥」それは国境など関係なく世界を自由に飛び回る唯一の生き物です。現在、日本には500種を超える野鳥がいます。その三分の二は渡り鳥です。その渡り鳥のほとんど、日本の鳥の半数が日本と朝鮮を行き来しています。これってなんて素敵なことなんだろうと思いました。生き物は本を読んでも話を聞いても、体験しないとわからない生命を育てることの難しさ、生命の大切さを教えてくれます。尚且つ鳥は平和の象徴でありその鳥たちを育てること、繁殖させることは国と国を結ぶ架け橋となり平和な未来を紡ぐことに繋がると言えます。

       

      ご支援、お待ちしております。

       

      (鳥類繁殖部の集合写真!!一番右でふざけてるのは先生です・・・笑)

       

      引換券について

       

      ¥3,000 の支援で受取る引換券

      部員からの直筆サンクスレターをお送りします
       

       

      ¥10,000 の支援で受取る引換券

      3000円の引換券に加えて

      部員からの支援者様だけのサンクス&鳥ムービー
      支援者様の希望の写真を鳥の写真を使ってモザイクアートにします。(要データ)

       

      ¥30,000 の支援で受取る引換券

      10000円の引換券に加えて

      絶滅危惧種クロツラヘラサギに会える権利

      絶滅危惧種クロツラヘラサギの羽毛をお送りいたします。

      もっとみる

      プロフィール

      朝鮮大学校経営学部4年生で会計を専攻し、昨年から人々の夢を叶えるクラウドファンディングの研究に打ち込んでおります!

      リターン

      3,000

      alt

      部員からの直筆サンクスレターをお送りします。

      支援者
      16人
      在庫数
      制限なし

      10,000

      alt

      3000円の引換券に加えて
      部員からの支援者様だけのサンクス&鳥ムービー
      支援者様の希望の写真を鳥の写真を使ってモザイクアートにします。(要データ)

      支援者
      5人
      在庫数
      制限なし

      30,000

      alt

      10000円の引換券に加えて
      絶滅危惧種クロツラヘラサギに会える権利
      絶滅危惧種クロツラヘラサギの羽毛をお送りいたします。

      支援者
      3人
      在庫数
      制限なし

      プロフィール

      朝鮮大学校経営学部4年生で会計を専攻し、昨年から人々の夢を叶えるクラウドファンディングの研究に打ち込んでおります!

      あなたにおすすめのプロジェクト

      指宿発!本のある空間を届けるブックカフェ号の運行にご支援を!

      NPO法人 本と人とをつなぐ「そらまめの会」NPO法人 本と人とをつなぐ「そらまめの会」

      #地域文化

      累計支援者数
      68人
      継続会員数
      21人

      最先端技術を使ったいちご栽培

      松丸 伸吾松丸 伸吾

      #テクノロジ

      0%
      現在
      0円
      支援者
      0人
      残り
      24日

      注目のプロジェクト

      新着のプロジェクト

      プロジェクトの相談をする