信楽ACT2012で今回初めて使わせていただく場所の1つがこの、「二本丸長屋」です。

この家は、増築を繰り返しながら、少しずつ横にながーく伸びていったお家です。

 

正面から見て、右側が一番古く、そこから左側に行くにつれて年代が新しくなるという家です。

 

 

ここには3人の作家が展示を行います。

そのうちの1人が、滋賀県立陶芸の森のゲストアーティスト、グイン・ハンセン・ピゴットさんです。とてもかわいらしいおばあちゃんで、この古いお家が気に入り、一番右側(築年数が古い方)の納屋を使われます。

今日はスタッフで掃除、展示棚設置などを行いました。

 

ピゴットさんはこんな方です。→信楽ACT2012サイト

 

納屋は暗いので、天井の一部をガラスに変えて、自然光を入れました。

ここにピゴットさんの「静物」が置かれます。

雰囲気のある空間、とても楽しみです。

新着情報一覧へ