今回は明治大学4年生の妹尾なつきさんにインタビューしてきました。

 

 

 

 

なつきさんは就職活動をしていたとき、最初に希望していた希望していた職種に就けなかったそうです。

 

しかし、「周りの目を抜きに、自分がやりたいことはなにか」を見つめ直すことによって、本当にやりたい、自分にあった就職先が見つかったと話していました。

 

「就職」を“職に就くこと”ではなく、自分自身を“職に活かすこと”と考えるなつきさん。
働くことを前向きに捉える姿は、とても素敵だなと思いました!

 

なつきさん、ありがとうございました!

 

〈綱嶋 直也〉

新着情報一覧へ