英語の絵本を関西弁で翻訳しています。

軽快な語り口とは裏腹に

ブラックなオチの絵本です。

「どこいったん」は読んだ後「えっ!?、まさか・・・こわっ!」

で、もう一回読み返してしまいます。

 

子ども用の絵本?かなり怖いんですけど・・・

その、第2弾的な「ちがうねん」

かなり、ツボな本です。

 

 

 

「451books」さんにて購入。

新着情報一覧へ