READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす

熊本大豪雨で失われた "子供たちの笑顔" を取り戻そう

熊本大豪雨で失われた "子供たちの笑顔" を取り戻そう
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は8月13日(木)午後11:00までです。

支援総額

265,000

目標金額 500,000円

53%
支援者
39人
残り
4日
39人 が支援しています
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
3お気に入り登録3人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は8月13日(木)午後11:00までです。

3お気に入り登録3人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

 

▼自己紹介

初めまして。

熊本復興支援ボランティアチーム【STAND BY KUMAMOTO】代表の工藤大史郎です。

 

2016年に熊本地震発生後、復興支援ボランティアチーム【STAND BY KUMAMOTO】を設立し、オリジナルチャリティーTシャツをデザイン。ボランティアチームと共に被災地で災害ボランティアを行いながら、Tシャツの売上金全額を遊具に変えて、大きく被害を受けた益城町の教育機関(幼稚園/保育所)へ寄付する活動を行ってきました。

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

皆さんご存知の通り、2020年の九州豪雨で熊本では一定の地域では川が氾濫し、九州における広い範囲で被害がありました。また、今回の豪雨で土砂崩れや浸水が発生し、多くの幼児教育機関(幼稚園/保育所)が使用できない、

また、濁流に流され、もともとこどもたちの遊び場にあるはずだった遊具が失われ、幼児の遊べる環境が壊され、十分な教育を受けることのできない状況が続いてます。

 

『現地のこどもたちはどうなんだ!?大丈夫なのか!?』

 

こどもたちの怯えた声が頭を走りました。

 

すぐさま電話をとり、現地の外部団体へ連絡すると、教育機関(幼稚園/保育所)の10箇園が床上浸水し、遊具や紙媒体の書類がダメになったと連絡をもらいました。(人吉市、球磨郡、相良村、水俣市、八代市、天草市)

 

早く子供達のために我々ができることを!!、、を意気込むも、現在は感染症の蔓延により、今現地で行える活動の重要性と必要性を吟味する必要があり、自分たちが現地に向かい、災害支援チームの邪魔になっては元も子もない。

 

しかし、

『熊本の子供達へ失われた遊びの場を修正し再構築して、消えかけていた笑顔を取り戻さねば!』

『私たちにもできることは必ずある!!』

 

そこで、九州豪雨で被害の大きかった熊本に支援をしたいと思っていただける方々や、何かしたいけど何をしたらいいのかわからない方々にも、離れていても被災地に支援ができる仕組みを作り、日本全体で手を取り合って一緒に持続的な支援ができるよう、本プロジェクトの立ち上げを決断しました。

 

▼プロジェクトの内容

 

熊本ボランティアチーム【STAND BY KUMAMOTO】によるTシャツ購入型支援プロジェクトです。

当プロジェクトにおける皆様からの支援を被害の大きかった熊本(芦北町・球磨町・八代市・人吉市)の幼児教育機関(幼稚園/保育所)へ支援金全額を遊具に変えて、ボランティアチームによる直接的な寄付を実施予定。また、寄付当日の活動をSNSにて動画配信。

 

*Tシャツのデザインは「熊本県の形を靴に見立て、一人一人の踏み出す一歩が、熊本が立ち上がっていくための一歩となり、それが積み重なることで前へ進める」という思いを込めました。

*キャッチコピーは 

『"STAND BY KUMAMOTO!"』

『”そばにおるばい!熊本!”』
『”
立ち上がるばい!熊本!”』
と熊本弁で明るく声を掛け合う熊本らしさをイメージしました。

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

当プロジェクトを通して、日本中の賛同してくださる方々と一緒に、熊本をサポートできる仕組みをつくり、ロゴの意味するメッセージ『“私たちがそばにいるよ!熊本!”』『”立ち上がるばい!熊本!”』とともに、遠い場所にいても熊本にエールを送ることができる。そういった一人一人の思いが熊本のさらなる活力になると私は確信しています。

 

また、この遊具による支援が、今回の被害で失いかけた子供たちの笑顔を再度取り戻し、その子供たちの笑顔がさらに大人へと広がり、被災地の全体的な復興に繋がると考えています。

もちろん被災地の支援方法についてはこのプロジェクトだけではありません。

当プロジェクトに賛同されない方も、こんな支援の仕方もあるんだなと知っていただけるだけで、当方は嬉しく思います。

 

私たちはプロジェクトに支援していただいた方々の思いを受け取り、責任を持って現地に届けて参ります。

 

お時間を割いていただきありがとうございました。

 

STAND BY KUMAMOTO 代表 工藤大史郎

 

 

STAND BY KUMAMOTOの主な活動

*これまでの支援先(2017年4月24日以降)
・熊本県上益城郡益城町 益城幼稚園
・熊本県上益城郡益城町 益城第二幼稚園
・熊本県上益城郡益城町 あじさい保育幼稚園
・熊本県上益城郡益城町 益城町立第一保育所
・熊本県上益城郡益城町 益城町立第二保育所
・熊本県上益城郡益城町 益城町立第三保育所

上記の教育機関(幼稚園/保育所)へ遊具の寄付の実行。

 

プロジェクト終了要項
寄贈するもの:サッカーボール、三輪車、本(教育本/絵本)

寄贈個数:
サッカーボール 200球
三輪車     50台
本       300冊

寄贈完了予定日:2020年9月25日

寄贈先:
■人吉市
・泉田こども園
・林保育園
・人吉乳幼児保育園
・青井幼稚園
■球磨郡
・山江保育園
■相良村
・なつめ保育園
■水俣市
・水俣わかたけ保育園
■八代市
・わかあゆ保育園
・川岳保育園
■天草市
・もぐし海のこども園

 

 

★コロナウイルスの影響によりプロジェクトの延期や遅延が発生する可能性があります。

(やむを得ず延期する場合は、各役所とスケジュールを再調整して、日時を最終決定いたします。)

 

プロフィール

■STAND BY KUMAMOTO代表 工藤大史郎 ■熊本県出身 2016年 STAND BY KUMAMOTO 設立後、熊本地震の震源地である益城町や九州北部豪雨で被害にあった福岡県朝倉市を中心にSTAND BY KUMAMOTOのメンバーと復興支援活動を行なってきました。 2018年からJICA海外協力隊として南米のボリビア多民族国にて活動。2020年3月、2年間の任期満了後帰国。

リターン

5,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

5000円の支援プラン

■限定 オリジナル チャリティー Tシャツ1枚
(色は白のみ)
デザインは「熊本県の形を靴に見立て、一人一人の踏み出す一歩が、熊本が立ち上がっていくための一歩となり、それが積み重なることで前へ進める」という思いを込めました。

*キャッチコピー
『"STAND BY KUMAMOTO!"』
『”そばにおるばい!熊本!”』
『”立ち上がるばい!熊本!”』
と熊本弁で明るく声を掛け合う熊本らしさをイメージしました。

*「サイズ」
S  身丈66 身幅49 肩幅44 袖丈19
M  身丈70 身幅52 肩幅47 袖丈20
L   身丈74 身幅55 肩幅50 袖丈22
XL   身丈78 身幅58 肩幅53 袖丈24
2XL 身丈82 身幅61 肩幅56 袖丈26
*サイズは全てメンズ表記です。

支援者
29人
在庫数
66
発送予定
2020年8月
このリターンを購入する

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

10,000円の支援プラン

■限定 オリジナル チャリティー パーカー1枚
(色は黒のみ)
*「サイズ」
S  身丈64 身幅50 肩幅44 袖丈59
M  身丈67 身幅53 肩幅47 袖丈62
L   身丈70 身幅56 肩幅50 袖丈63
XL   身丈73 身幅59 肩幅53 袖丈63
2XL 身丈76 身幅62 肩幅56 袖丈63
*サイズは全てメンズ表記です。

支援者
10人
在庫数
38
発送予定
2020年8月
このリターンを購入する

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

50,000円の支援プラン

■限定 オリジナル チャリティー Tシャツ1枚
■限定 オリジナル チャリティー パーカー1枚
■活動報告メール差し上げ
■支援様に向けた現地での感謝のメッセージ動画
(動画のデータをメール送付)

支援者
0人
在庫数
5
発送予定
2020年9月
このリターンを購入する

100,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

100,000円の支援プラン

■限定 オリジナル チャリティー Tシャツ1枚
■限定 オリジナル チャリティー パーカー1枚
■活動報告メール差し上げ
■支援様に向けた現地での感謝のメッセージ動画
(動画のデータをメール送付)
■活動をまとめた限定一冊の本(写真を添えて)

支援者
0人
在庫数
1
発送予定
2020年9月
このリターンを購入する

プロフィール

■STAND BY KUMAMOTO代表 工藤大史郎 ■熊本県出身 2016年 STAND BY KUMAMOTO 設立後、熊本地震の震源地である益城町や九州北部豪雨で被害にあった福岡県朝倉市を中心にSTAND BY KUMAMOTOのメンバーと復興支援活動を行なってきました。 2018年からJICA海外協力隊として南米のボリビア多民族国にて活動。2020年3月、2年間の任期満了後帰国。

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中

若い力で岡山・津山市を元気に!介護タクシーで起業したい!

寺坂実成(みなり)寺坂実成(みなり)

#まちづくり

152%
現在
1,221,000円
支援者
139人
残り
2日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ

プロジェクトの相談をする