プロジェクト概要

 

生活保護受給者、就学援助制度を利用している世帯のこどもたちは、毎日の生活が精一杯で、身だしなみにまで気を配る余裕がありません。それがいじめにつながることもあります。

 

「こども美容室」は、そんなこどもたちに、美容室でのカット・シャンプー・ブローを無料で提供し、こどもたちの心が今より豊かになるように身だしなみをワンステップあげるお手伝いをする活動です。

 

 

「こども美容室」を継続し、たくさんのこどもたちを明るく元気に!

 

皆さん、初めまして。この度は私たちのプロジェクトに興味を持っていただきありがとうございます。

一般社団法人すてっぷG代表理事の高橋秀徳と申します。私たちは福島県郡山市を中心に、こどもたちの支援を目的に活動している団体です。


今年の夏、こどもたちの身だしなみ支援として「こども美容室」の活動を行いました。夏は市のモデル事業として行わせていただいたのですが、今後も「こども美容室」の活動を継続をしたいと思っています。

 

ですが、継続のためには、こどもたちのための施術費用としてまとまった資金が必要となり、私たちの力だけでは継続が難しい状況です。そこで今回、クラウドファンディングに初めて挑戦することを決めました。


まずは、プロジェクト立ち上げまでの経緯についてご説明させてください。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
すてっぷG代表理事の高橋秀徳です

 

 

郡山のこどもたちのために私ができることは?そんな想いからスタートしました。

 

私は地元が宮城県で、以前は飲料メーカーに勤めていました。あの東日本大震災を地元で体験し、石巻にある実家も地震により全壊被害を受け、沿岸部は多大なる被害を受けました。

 

震災の年に転勤で山形県、その後福島県に転勤することに・・・。

 

当時、まだ福島県は震災後の原発問題でメディアでも多くの風評被害に関する情報が取り上げられていて、私のこどももまだ幼かったので、周りからは福島への転勤に疑問の声もありました。

 

不安も多く悩みましたが、原発の問題があっても福島に住んでいるこどもたちもいる事を考え、夫婦で話し合い、家族で福島県郡山市に住むことにしました。

 

 

それから数年が経ち、長女も小学校に入学する年になった頃、再度周りから「入学するタイミングで地元に戻ったら?」と言われました。


やはり、こどもたちと妻だけでも地元に帰った方がいいのかな・・・と迷い、夫婦で考えました。

 

しかし、こどもから「このまま郡山の学校に通いたい!」「家族みんなで一緒に住みたい!」そんな言葉を言われて、私たちの不安は打ち消されました。


郡山が好きで、学校に通いたいと思ったこどもの気持ちを最優先しようと思い、再度郡山に住む決断をしました。

 

郡山が好きだというこどもの言葉を聞いて、私も福島に住んでいるこどもたちのために何か出来ることはないか?という想いが強くなりました。そして、15年勤めていた会社を辞めて、こどもたちのために活動することを決意しました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

想いをもった仲間と共に「一般社団法人すてっぷG」を立ち上げました。

 

2018年4月13日に「一般社団法人すてっぷG」を同じ想いを持った仲間たちと設立しました。15年勤めていた会社を辞めて、団体を立ち上げて活動に取り組むことは、自分自身への挑戦でもあります。

 

Self(自分自身)Team(仲間)Ease(安らぎ)Place(場所)Give(提供したい)の頭文字を取り、自分自身と向き合い、仲間と絆を深めながら、安らぎのある空間といつでも頼れる場所を、私たちが提供したい。そして、新たな第一歩(STEP)を歩んでほしい、という意味を込めています。

 

 

 

すてっぷGの第一歩、「こども美容室」プロジェクト

 

日本のこどもの6人に1人は貧困状況にあると言われています。そのようなこどもたちを支援をするにはどうすればいいのかと考えた時、私たちは今まであまり取り上げられてこなかった分野で支援をしたいと思いました。そこで考えたのが身だしなみ支援です。

 

こどもたちはどうしてもわかりやすい"見た目"を優先してしまうため、身だしなみは「いじめ」という問題に繋がってしまいます。こうした環境を少しでも改善していきたいという想いから、すてっぷGの第一歩目として、すてっぷGの仲間でもある美容師さんと一緒に「こども美容室」と称し、活動を開始しました。

 

▶︎「こども美容室」とは?

 

こども美容室は、郡山市から支援を受けている世帯のこどもを対象に無料でカット、シャンプー、ブローの施術をします。対象世帯には、施術が無料になる「すてっぷGカード」を配布し、施術費用についてはすてっぷGが支援します。


7月に10世帯、8月に100世帯に案内をしていただき、美容室クリアさんにご協力いただき、郡山市のモデル事業として実施しました。

 

郡山市としても身だしなみ支援というのは初の試みだったそうで、ありがたいことにとても親身になって相談にものっていただき、少しでも力になれたらということでご協力をいただきました。

 

「こども美容室」に来てくれたこどもたちは、こども本来の元気で明るい仕草が多く見受けられたのが印象的でした。

 

<7月実施計1名利用> 

美容師さんに動物の話をいっぱいしていました

 

<8月実施計14名利用>

学校の話を美容師さんと楽しそうにしていました

 

 

皆さまからのご支援で300人のこどもたちに「こども美容室」を提供します。

 

この夏は、モデル事業としての実施でしたが、これから本格的に活動を広げていくために、10店舗の美容室にご協力いただくことが決まっています。

 

出来る限り大抵のこどもたちが髪を切るタイミング(春・夏・冬休み時期、卒業・入学シーズン)に合わせて実施したいと考えています。

 

今回は冬休み時期と入学前シーズンに合わせて計2回の実施を計画しています。10店舗合わせてカット出来るこどもたちの人数、延べ300名分のまとまった資金が必要になります。そこで、皆さまにこの資金の一部をご支援いただき、こども美容室を継続したいと考えています。

 

 

 

こどもたちの目線になって、こどもたちに寄り添ったサポートを続けていきます。

 

こどもたちはたくさんの悩みを抱えています。こども社会の中では、大人には知りえない現実があることを知りました。悩みを相談する事もこどもたちにとっては大きな勇気です。私たち大人はこどもたちの目線になって、もっと寄り添うことが大切だと感じました。

 

髪を切ることにより、見た目の印象も変わり、気持ちも前向きになれます。決しておしゃれをするわけではありませんが、当たり前のことが当たり前に出来る環境をみんなで作り上げていくお手伝いをこれからもしていきたいです。

 

そしてこれからは、「こども美容室」を中心にその他のこどもに関わる支援事業(洋服の支援、スポーツ用品の提供など)で、すてっぷGはこどもたちをサポートしていきたいと考えています。

          

そのためには皆さまのお力が必要です。将来を担うこどもたちのために、どうかお力をお貸しいただけないでしょうか?皆さまの温かいご支援・応援をよろしくお願いいたします。

 

 


最新の新着情報