メッセージ
 
18トリソミーのお子さんは合併する心臓などの疾患で予後が決まりますので、18トリソミーだからと判断されるのではなく、その合併する疾患で判断されるべきでしょう。皆さんもご存知のように、18トリソミーの方で20歳になって学会の壇上で挨拶し歌を歌った方がいます。勿論18トリソミーのお子さんがみんなそうだとは言えませんが、みんな可能性を持っているのです。さらに、歌を歌えなくともみんな各々の個性を持っているのです。
 
私は周産期新生児医療に関わっているので、その必要上生命倫理を専門としていますが、生命倫理の「倫」という文字は仲間という意味です。みんな共に生きるにはどうすれば良いかを考える学問です。共に生きる上で一番大切なことは、相手を思う「あたたかい心」です。あたたかい心」の根源は、この宇宙ではみんな繋がっていることを知ることです。みんな仲間なのです。このことを基にした「連続と不連続の思想」という考えがあります。
 
今度皆さんと考えてみましょう。
 
仁志田博司

 

仁志田博司 http://h-nishida.com/
 
 
 
新着情報一覧へ