READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

あと10年で途絶えてしまう可能性のある、天竜の浅蒸し茶を存続へ

あと10年で途絶えてしまう可能性のある、天竜の浅蒸し茶を存続へ

支援総額

416,000

目標金額 400,000円

支援者
25人
募集終了日
2020年1月24日
プロジェクトは成立しました!
15お気に入り登録15人がお気に入りしています

15お気に入り登録15人がお気に入りしています
2020年01月08日 21:09

プロジェクトを通して

浅蒸し茶プロジェクトも残り16日になりました。

 

実は最近、自分自身を見直す機会が多く「自分は今まで何をしてこれたのか」、「自分には何ができるのか」との設問にすぐに自信をもって答えることができず「自分には何もできないのでは、、、」と落ち込んだりしていました。

 

今回、始まりはたまたまのご縁でしたがお茶農家の太田さんやREADYFORのキュレーターさん、応援してくれている方々に出会えて今回は初めて成し遂げられそうな希望が見えています。

 

たぶん、皆さんが思っている以上に僕は「何も無かった人間」で先ほどの設問を見た時に自分自身の過去を洗い出すのと同時に「何かで取り繕わないと」と思って焦って答えを出そうとしている自分がいました。

 

いま皆さんのお力をお借りしてプロジェクトの達成が視野に入ってきて「今まで独りで全てをしなければならない」と思ってがんじがらめになっていたものが少しずつ解けていっている感覚がしています。

 

今回の浅蒸し茶プロジェクトを立ち上げる時に「なぜ、このプロジェクトを立ち上げるのか?」との設問に「浅蒸し茶農家さんを助けたい!」と書きました。
確かにその本心もあり、もちろん嘘ではありません。
しかし、今は「浅蒸し茶農家さんの助けになりたいのと同時に自分自身を何もなかった状態から助けたい」と思っているんだと自分で気が付くことができました。

 

そう自分の中で腑に落ちた時に「なぜ、プロジェクトが達成しても僕にお金の利益が無い設定をしたのか」が自分自身で理解できました。

このプロジェクトを通じて沢山のことに気づかされ今までの自分から少し変われた気がします。
その意味も込めてご支援くださっている皆様、READYFORキュレーターさん、そしてお茶農家の太田さんにとても感謝しています。

 

プロジェクトは残り16日間で44%、金額にして17万6千円を集めなければ達成になりません。
浅蒸し茶の存続と同時に、何も無かった僕にプロジェクトの達成という自信を頂けないでしょうか。

 

何卒、皆様の温かいご支援をお願い申し上げます。
最後までお読みくださってありがとうございます。

 

瀬戸悠貴

一覧に戻る

リターン

3,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

「太田さんのお茶」欲張りお試しコース

■お礼のメッセージ

■品評会茶一煎袋×2
■太田さんの浅蒸し天龍茶一煎袋×5
■太田さんの粉茶べにふうき×1袋
■べにふうきを使った茶飴×1袋

*通常販売価格合計:10,250円

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年2月

5,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

太田さんのお茶づくしセット

■お礼のメッセージ

■品評会茶×1袋(30g)
■太田さんの浅蒸し天龍茶一煎袋×10
■太田さんの粉茶べにふうき×1袋

*通常販売価格合計:29,370円

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年2月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

太田さんの品評会茶セット

■お礼のメッセージ

■品評会茶1本(50g)
■七徳茶皿×1
■専用湯呑×1
■湯差し×1

*通常販売価格合計:43,500円

太田さんが考案した品評会茶をより楽しんでいただくための専用茶器のセットです。
七徳茶皿は陶芸家「山口剛陶」先生の作です。

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年2月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

本格!木箱入り品評会茶セット

■お礼のメッセージ

■専用木箱入り品評会茶×1(80g)
■七徳茶皿×2
■専用湯呑×2
■湯差し×2
■品評会茶一煎袋×5
■金印一煎袋×5

*通常販売価格合計:80,000円

2重の木箱に入った太田さんの品評会茶を「山口剛陶」先生が作った七徳茶皿で入れて楽しむとても豪華なセットです。来客の際に、お土産にお渡しできる一煎袋もお付けしました。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年2月

プロジェクトの相談をする